上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
僕の愛する人は
まだ来ない
熱い思いでその人を待つ
いつかその日が来ると分かっているから
僕の切なる想いを彼女は知らない
彼女のことを思い焦がれない時はない

何をしたらいいのか どうやって示せばいいんだろう
希えばいいのだろうか
ついには手に入れるために
彼女の愛がほしい いつの夜か

愛の言葉は
まだ僕の口から出ていない
うまくまとまっていない
言い表せないんだ

夢の中では
すぐそばに彼女を感じる
足音が聞こえた
もうすぐ彼女はやって来る

何をしたらいいのか どうやって示せばいいんだろう
希えばいいのだろうか
ついには手に入れるために
彼女の愛がほしい いつの夜か

冷え切った僕の部屋
一度も朝を迎えたことのない部屋
僕の手の中の星は
君のためだけに輝く

何をしたらいいのか どうやって示せばいいんだろう
希えばいいのだろうか
ついには手に入れるために
彼女の愛がほしい 

何をしたらいいのか どうやって示せばいいんだろう
希えばいいのだろうか
ついには手に入れるために
彼女の愛がほしい いつの夜か

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

La dama de mi amor
No ha llegado aún
La espero con pasión
Sé que un día vendrá
No sabe que yo estoy añorándola
No hay tiempo que no este adorándola

Que hacer, que ofrecer
Si rogar o implorar
Porque al fin me llegue
Quiero su amor una noche

El verbo de mi amor
No lo expreso aún
Está sin conjugar
No ha podido hablar

La noche que soñé
Ya la siento aquí
Sus pasos percibí
No tardan en llegar

Que hacer, que ofrecer
Si rogar o implorar
Porque al fin me llegue
Quiero su amor una noche

Tengo un nido que esta tibio
Que nunca vio amanecer
Y en mis manos una estrella
Que solo quiere brillar para ti

Que hacer que ofrecer
Si rogar o implorar
Porque al fin me llegue
Quiero su amor...

Que hacer, que ofrecer
Si rogar o implorar
Porque al fin me llegue
Quiero su amor una noche



*歌詞検索すると幾通りかの歌詞が出てくる。Tengo・・・3通りくらいあるけど一番好みのを選びました。


スポンサーサイト
02/23|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昨日の夜
2時10分に家に帰ると
両親の顔は真っ青
猛烈に怒ってた

私は10時15分前には
ベッドに入らなければならないの
ほらね また規則なの

[コーラス]
規則が多すぎる
規則だらけなの
親なんてバカみたい
規則ばかり作って
空のお星さまにお祈りするわ
まだあなたの愛を失っていませんようにって
だって規則が多すぎるんだもの

あなたがかけてくる電話は
私専用ではないのよ
親がはっきりそう言ったわ
だから電話は
時々にしてね
ほらね また規則なの 

[コーラス 繰り返し]

弟がいつもくっついてきて
くだらないおしゃべりするのから逃れられないの
分かってほしいわ
私がどんな状況か
どうしたらいいのか分からない

[コーラス 繰り返し]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

I got home last night
At ten past two
My folks turned blue
Their tempers flew

I've gotta be in bed
At quarter to 10
There go those rules again

[Chorus:]
Too many rules
Too many rules
Folks are just fools
Making too many rules
I pray the stars above
I haven't lost your love
'Cause there are too many rules

When you call me on the telephone
It's not my own
They've made it known
So you must call me
Only now and then
There go those rules again

[Repeat chorus]

My kid brother's always on my trail
I can't escape that tattle tail
I hope you understand
What I'm going through
I don't know what to do

[Repeat chorus]





01/10|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Volver   from “Tango” – Julio Iglesias

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠くでまたたく明かりが
僕が帰る道を示しているようだ
長い苦しみの時を照らした
あの青白い光とおなじ明かり

自ら望まずとも
初恋というものは人を過去に引き戻す

かつて古びた通りで
あざけるような星のまたたきのもと
こだまがささやいた
彼女の命は君のもの
彼女の愛は君のもの
今日その星が私の戻ってゆくのを
冷ややかな視線で見送っている

戻ってゆく
深くしわが刻まれた額
時の流れが
こめかみを銀色に変えた

感じる
人生は一瞬の風
瞬く間に過ぎ去った20年という年月
闇をさまよい
君を探し求め 名前を呼んだ
熱っぽいまなざしを

生きる
僕に涙させる
甘い思い出にしがみつく魂と共に

僕の人生に立ちはだかろうと
姿を現す過去の思い出に
再びめぐり合うのを恐れている

夜が恐ろしい
忘れられない思い出が夢に現れる

しかし逃避を続ける旅人は
いずれその足を止める

そして すべてを奪い去る忘却が
僕の古い幻想を消し去ったとしても
僕はささやかな望みを
密かに持ち続ける
それが僕の心の宝物のすべて

戻ってゆく
深くしわが刻まれた額
時の流れが
こめかみを銀色に変えた

感じる
人生は一瞬の風
瞬く間に過ぎ去った20年という年月
闇をさまよい
君を探し求め 名前を呼んだ
熱っぽいまなざしを

生きる
僕に涙させる
甘い思い出にしがみつく魂と共に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yo adivino el parpadeo
de las luces que a lo lejos
van marcando mi retorno.

Son las mismas que alumbraron
con sus pálidos reflejos
hondas horas de dolor.

Y aunque no quise el regreso
siempre se vuelve
al primer amor.

La vieja calle donde el eco dijo:
tuya es su vida
tuyo es su querer.
Bajo el burlón
mirar de las estrellas
que con indiferencia
hoy me ven volver.

Volver
con la frente marchita
las nieves del tiempo
platearon mi sien.

Sentir
que es un soplo la vida
que veinte años no es nada
que febril la mirada
errante en las sombras
te busca y te nombra.

Vivir
con el alma aferrada
a un dulce recuerdo
que lloro otra vez.

Tengo miedo del encuentro
con el pasado que vuelve
a enfrentarse con mi vida.

Tengo miedo de las noches
que pobladas de recuerdos
encadenen mi soñar.

Pero el viajero que huye
tarde o temprano
detiene su andar.

Y aunque el olvido
que todo destruye
haya matado mi vieja ilusión,
guardo escondida
una esperanza humilde
que es toda la fortuna
de mi corazón.

Volver
con la frente marchita
las nieves del tiempo
platearon mi sien.

Sentir
que es un soplo la vida
que veinte años no es nada
que febril la mirada
errante en las sombras
te busca y te nombra.

Vivir
con el alma aferrada
a un dulce recuerdo
que lloro otra vez.






11/12|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。