上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
去年のクリスマスイブを思い出してごらん
僕たちは初めて飾ったツリーのそばに座っていたね
クリスマスオーナメントがキャンドルの光に
輝いていた夜

僕は君にオルゴールを贈った
当時の二人にとってそれはとても意味のあることだった
僕たちはメロディを奏でるオルゴールを
何度も何度も見ていた

今となってはこれらは遠い昔のこと
再び願いをかけることもない

それでもオルゴールは回り続け
窓に映るキャンドルは燃え続ける
でも僕はそれらが思い出に過ぎないと分かっている
過ぎ去ったクリスマスや君と僕のように

古い暖炉を覚えているかい
部屋をぬくもりで包んでくれた
僕たちがクリスマスの亡霊に注意を向けると
暖炉の火は影を近くに引き寄せる

しかし今ではあのクリスマスのシーンも
溶けてしまった夢のキャンドル
壊れてしまったガラスの飾り物
全ては過去のもの

今となってはこれらは遠い昔のこと
再び願いをかけることもない

それでもオルゴールは回り続け
窓に映るキャンドルは燃え続ける
でも僕はそれらが思い出に過ぎないと分かっている
過ぎ去ったクリスマスや君と僕のように

寂しいよ ベイビー
そう 寂しいんだ
ずいぶんと時間がたった
最後に君を見かけてから

クリスマスツリーに明かりをつけて
君が見えるようにキャンドルに火をともして
今夜この窓のそばで僕は待っている
遅すぎることはない

木のてっぺんに飾った
明かりが
光り輝いている
君が信じさえすれば
僕といっしょにただ信じて

ろうそくが燃えている
そうさ 僕は待っているんだ
時が進み
でも僕は分かっている
けっして遅すぎないと分かっている

クリスマスツリーに明かりをつけて
君が見えるようにキャンドルに火をともして
今夜この窓のそばで僕は待っている
遅すぎることはない

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとがき:
最も不思議なことは
今夜起こったことを私達は繰り返すということ
人生のどの段階にいるかは問題ではありません
遅すぎることはないのです

**************************************

Remember last Christmas Eve
When we sat next to our first tree
Ornaments reflected light
Of a candle in the night

And I gave you a music box
Back then that seemed like so much
We watched it go round and round
As the melodies unwound

But all these things are now long gone
And not to be wished upon again

But the music box continues to turn
The candle in the window continues to burn
But I know they're just memories
Like Christmas past and you and me

Remember that old fireplace
That held the room in warm embrace
And as we watched for Christmas ghosts
The fire held the shadows close

But now upon that Christmas scene
The candle wax of melted dreams
And ornaments of shattered glass
Now belonging to the past

But all these things are now long gone
And not to be wished upon again

But the music box continues to turn
The candle in the window continues to burn
But I know they're just memories
Like Christmas past and you and me

I miss you baby
Oh yes, I do
And it's been far too long
Since I last laid eyes on you

I got the lights upon the Christmas tree
I got the candle lit for you to see
And beside this window I will wait
For inside this night it's not too late

I got the lights
Up on the tree
They're shining bright
If you'd just believe
Just believe with me

The candles burning
You know I'm gonna wait
The clock keeps turning
But I know it's not
I know it's not too late

I got the lights upon the Christmas tree
I got the candle lit for you to see
And beside this window I will wait
For inside this night
I know it's not too late

・・・・・・・・・・・・・・・・・

Post Script:
And the most magical thing
About this night we will now reiterate
That no matter where you are in life
It never is too late




スポンサーサイト
12/25|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
クリスマスイヴの夜も更けて
時の流れを見つめながら
静かに空中に漂う
天使の分け前の影

クリスマスの夜に輝く
クリスマスの明かり
世界中に平和を願って
そして雪を残した
ときわ木の枝が輝く
安定した状況を願って

天使は
この粗末な場所に
救いの望みを与えた
クリスマスカードや
雪の積もった庭
そして子供たちは不思議に思う

喜びなさい
皆 目ざめよ
喜びなさい
早く 急いで
喜びなさい
新しく生まれた王様のために

喜びなさい
彼が示した
喜びなさい
理想に
聖歌隊の歌を聴きなさい

スクルージ(守銭奴)が戻ってきて
クリスマスの亡霊たちが
彼の魂を取り戻そうと企てていることを知る
でもまだ彼は
ためらっている

信じていた
だまされてはいないと
この夜が彼に
今でも
決して遅くないと
思い起こさせるまで

喜びなさい
皆 目ざめよ
喜びなさい
早く 急いで
喜びなさい
新しく生まれた王様のために

喜びなさい
彼が示した
喜びなさい
理想に
聖歌隊の歌を聴きなさい
そして 歌いなさい
歌いなさい
歌いなさい
歌い続けなさい

冬の夢           
無限の組み合わせの中に繰り広げられる
終わりのない光景           
受け入れるために
信仰の世界を
私たちが今目にするこの世界を

毎年
ここに戻ってくる
さまざまな姿で
そして日がたつと
消えてしまう
そして私たちは再び見つけ出す

再び約束は守られて
天使は一人ひとり眠りにつく
そこで私たちは今宵を平和に保ち
世界中を静かな眠りにつかせておこう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少女は積み重なった
最後の手紙を読み終えて
それぞれを封筒に収めると
丁寧に元に戻しました

そして手紙から分かったことについて
彼女は慎重に考えました
この夜について信じていた思いが
完全に戻ったのです

もし手紙の大人たちが
今夜の出来事を信じたとしたら
彼らが全て騙されたということは
ありえないから

彼女が驚いたことに
手紙はそれぞれ違う人が書いたものだけど
結局彼らの願いは皆
同じように思えること

遠くのクリスマス星から
私たちに届く光は
完全ではないにしても たぶん私たちを
今ある私たちよりよい人間にしてくれるでしょう

そしてふと少女は
そこに贈り物があるのに気がつきました
彼女が階下に行っている間に
彼がやってきたのに違いありません

あの煙突のことは
結局心配する必要はなかったのです
今夜彼女は分かったのです
クリスマスには壁など問題ではなかったのです

距離にも
時間にも遮られることなく
そしてもし人が1000年生きたとしても
そこには同じようにクリスマスがあるでしょう

人は言うでしょう
贈り物はお父さんかお母さんが置いたものだと
でも私としては
それは誰か別の人の仕業と気づいているのです

少女が消えかかったろうそくを持って
階下に降りる前に
その夜起きたことを全て
紙に書き留めました

いつの日かどこかのある夜に
いつとははっきり言えないのですが
誰かがあの手紙を読めば
この夜の出来事は再びよみがえるのです

そろそろこのお話は終わりです
子供は眠りにつきました
この不思議な夜のことを夢見て
そしてその出来事が少女に教えたことを夢見て

少女が学んだことをどう思ったか
彼女の考えを聞いた天使は
彼の仕事は終わったと気がつきました
もう戻る時間です

彼がもたらしたものを全て思い出しながら
彼は時間内に戻り
神様の前に進み出て
何を残してきたか報告しました
雪に清められたクリスマスイブの日に
再会した二つの心と
ベッドで安らかに眠る
信じる心を持った子供のことを

神様は天上の玉座から
もう一度微笑まれると
天使を懐に抱いて囁きました
おかえりと

皆様が生涯にわたって
この言葉を耳にしますように
そして特にクリスマスにはいつも
聞きますように

メリークリスマス!

**************************

Deep inside this Christmas Eve
Watching as the hours leave
Gently drifting in the air
Shadows of an angel's share

Christmas lights
On Christmas nights
With peace for every nation
Stable scenes
And evergreens
With snow still glistening

Angels grace
This humble place
With hopes of our salvation
Christmas cards
And snow filled yards
And children wondering

Rejoice
All awaken
Rejoice
Quickly hasten
Rejoice
For the newborn king

Rejoice
For the vision
Rejoice
He has given
Hear the choirs as they sing

Scrooge returns
To once more learn
That Christmas ghosts conspire
To redeem
His soul it seems
But still he hesitates

To believe
He's not deceived
Until this night inspires
Him to find
That at this time
It never is too late

Rejoice
All awaken
Rejoice
Quickly hasten
Rejoice
For the newborn king

Rejoice
For the vision
Rejoice
He has given
Hear the choirs as they sing
And sing
And sing
And sing and sing and sing

Winter dreams
Her endless scenes
In endless combinations
To embrace
This world of faith
This world that we now see

Every year
It returns here
With all its variations
And as the day
It fades away
And we once more find that...

Once again the promise kept
One by one the angels slept
So we leave this night in peace
And the world in gentle sleep

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

When she finished the last letter
From that little stack
She put each one in its envelope
And carefully put them back

Then she sat and thought quite carefully
About all she had learned
Realizing that her belief in this night
Had completely returned

For if all these grownups she had read
Had in this night believed
It could not be possible
That they all had been deceived

And she marveled how though every letter
Was signed with a different name
That in the end it seemed that all
Their wishes were the same

That the light that reached our lives
From that distant Christmas star
Would make us, if not perfect
Then perhaps better than who we are

And suddenly she noticed
That there was a present there
He must have come and left it
When she had gone down the stairs

Then she realized as for that chimney
She needn't have worried after all
For Christmas she had found this night
Could not be stopped by walls

Could not be stopped by distance
Could not be stopped by time
And if one lived a thousand years
It would still be there to find

Now some will say that all these gifts
Were left by her father or her mother
But I for one, will always suspect
It could have been another

And before she went back down the stairs
With her fading candlelight
She found some paper and wrote down
All that had occurred that night

And sometime on some distant night
We really can't say when
Someone will read that letter
And this night will live again

And so our story's over
And the child returned to bed
To dream about this magic night
And where it all had led

And the Angel who had heard her thoughts
About what she had learned
Now realized that his job was done
And it was time he should return

And taking back all he had brought
He returned just in time
To appear before his Lord
And tell him what he had left behind
There were two souls reunited
On a snow blessed Christmas Eve
And sleeping safely in her bed
Was the child who still believed

And once again the Lord smiled down
From his heavenly throne
And took the Angel into his heart
And whispered, welcome home

And may you also hear those words
All through your life
But may you hear them most of all
On every Christmas night

Merry Christmas!





12/25|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夜は
闇に包まれ
暗闇の中に
夢がある
夢の中に
その子はいる
そして私は
人知れずそこにいる

本の中に言葉があり
言葉の中に真実がある
真実の中に時代がある
時代の中に若さがある

私はその子に言った
まだ手には血が流れているかと
この時代でも
まだ必要なのかと
しかしその子は笑っているだけだった

そして一言も話さなかった
雪が振ってきた
まるで何も聞かなかったかのように

一晩中雪が降り続く
生きてゆくうちについた傷を癒すために
そして壊れた夢を癒すために

夜に掛かった夢の架け橋を
私たちは人知れず渡ってゆく
一言も話さずに

その夜ずっと
私たちは歩いた
一歩がブロックに
ブロックがマイルになる

道をたどり
出来るだけ遠くへ
常緑の森に
たどり着くまで

すべての木には
何千ものキャンドルが
それは美しい
でもひとつ不思議なことが
たくさんのキャンドルの中で
お分かりでしょう
ひとつだけ明かりがともされているキャンドル
それがあの子の手に

そのクリスマスの光景にかさなる
溶けた夢で出来たキャンドル
そして彼らが過ごしてきた年月

雪が静かに舞い降りて
彼は一つ一つキャンドルに火をともした
それぞれの夢が呼び起こされるまで

光の中に
その子は見せてくれた
彼が夢見たことや
叶うであろうことを
全てを与えて
何かが得られたことを
暗闇の中でマッチをすり
世の中全てが同じでないことを

そして私はその子にたずねた
何でこの夜に星がひとつあるのかと
するとその子は答えた
「そうすれば遠くまで見れるから」
そしてキャンドルが
あの遠くの星の光と一緒になって
長い冬の夜を照らすと
長い冬の夜を
長い冬の夜を
長い冬の夜を

が目覚めたとき その子はいなかった
でも心のどこかに
彼は生き続けていると信じている
そして私の生涯のどこかで
今から命が終わるときまでのどこかで
長い冬の夜に
再び彼のことを夢見るだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから少女は赤紫のしみがついた
クリスマスカードに気がつきました
誰かがクリスマスのワインをこぼしたのでしょう
それが残っていたのです

暖房器の熱が
空気に満ちて
天使の分として
凝縮させたのでしょう

**************************

In the night
Was the dark
In the dark
Was the dream
In the dream
Was the Child
And myself
There unseen

In the book was the word
In the word there was truth
In the truth there was age
In the age there was youth

And I said to the Child
Do your hands they still bleed
After all of this time
Do you think there's still need
But the Child only smiled

And said not a word
And the snow it came down
As if it hadn't heard

And all that night the snow came down
To heal the scars our lives had found
And the dreams that lay broken

And there upon a bridge of dreams
Across the night we walked unseen
With no words ever spoken

And then on through that night
We did walk for a while
And our steps turned to blocks
And the blocks turned to miles

Then we followed a path
For as far as we could
Till we found ourselves there
In an evergreen woods

There were thousands of candles
Upon every tree
It was beautiful
But there was one mystery
For with all of those candles
You must understand
That the only one lit
Was now in that Child's hand

And there upon that Christmas scene
The candle wax of melted dreams
And the years they had taken

And as the snow did gently fall
He one by one relit them all
Till each dream was awakened

And there to that light
That young Child showed to me
All the things that he dreamt
All the things that might be
How for everything given
That something was gained
Strike one match in the dark
And all the world's not the same

And then I asked that Child
Why this night has a star
And he said, "So we'd know
That we could see that far"
And these candles are wed
To that distant star's light
And it all came to be
Upon that long winter's night
That long winter's night
That long winter's night
That long winter's night

And when I awoke, well the Child he was gone
But somewhere in my mind
I believe he lives on
And somewhere in my life
Between here and the end
On a long winter's night
I will dream him again

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Then she noticed on some Christmas cards
A reddish purple stain
Where someone had spilled some Christmas wine
And there it had remained

Until the heat from a radiator
Whistling in the air
Had caused it to evaporate
Into an angel's share




12/24|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。