イギリスのグループ ハーマンズ・ハーミッツのヒット曲
1910年からイギリスのミュージック・ホールのスター歌手リー・チャンピオンの持ち歌として歌われていた
1965年ハーマンズ・ハーミッツがカバーして世界的ヒットとなった
日本語のタイトルが「ヘンリー八世君」というのだったとは知らなかった
「ヘンリー八世」だとばかり思っていた
ハーマンの可愛さから「君」とつけたくなったのかもしれない


「Henery」のスペルは・・・
あのイギリス王ヘンリー8世も古い資料によるとこのように綴っていた事があったとか

*************************

僕はヘンリー八世なんだ
ヘンリー八世なんだよ
隣の未亡人と結婚したんだけど
彼女は以前七回も結婚していたんだ
そしてみんなヘンリーって名前だったんだ
ウィリーとかサムとかは一人もいないんだ
僕は彼女の八番目の男、ヘンリーさ
ヘンリー八世なんだ

ヘンリー
ヘンリー
ヘンリー
僕はヘンリー八世
僕はヘンリー八世
Yeah

**********************

I'm Henery the eighth I am
Henery the eighth I am, I am
I got married to the widow next door
She's been married seven times before
And every one was an Henery (Henery)
She wouldn't have a Willy or a Sam (no Sam)
I'm her eighth old man, I'm Henery
Henery the eighth I am

H-E-N-E-R-Y
Henery (Henery)
Heenry (Henery)
Henery the eighth I am, I am
Henery the eighth I am
Yeah

エド・サリバンショウに出演したハーマンズ・ハーミッツ
今聴くと何とも・・・これで世界的にヒットしたとは


スポンサーサイト
03/28|G H Iコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
イギリスで1958年に上演された「蜜の味」
1960年にブロードウェイでの上演に際して
ボビー・スコットとリック・マーロウにより作曲された

ハーブ・アルパートのカバーが1965年グラミー賞に輝く
サラ・ボーン、バーバラ・ストレイザンド、トニー・ベネット・・・
多くのカバーがあるヴォーカル・バージョン
ビートルズも1963年のデビューアルバムの「Please Please Me」に収録している

*******************

ワインより甘美な・・・蜜の味

君とのファーストキッスを夢見て そして
唇にふれてみる
ワインより甘美な・・・蜜の味

僕は戻ってくる 必ず
あの蜜の味と君のために

君のキッスは僕の心を目覚めさせた
遠く離れても まだ あの感覚は消え去らない
ワインより甘美な・・・蜜の味

僕は戻ってくる (彼は戻ってくる) あの蜜の味と (蜜の味と) 君のために

********************

A taste of honey... tasting much sweeter than wine.

I dream of your first kiss, and then,
I feel upon my lips again,
A taste of honey... tasting much sweeter than wine.

I will return, yes I will return,
I'll come back for the honey and you.

Yours was the kiss that awoke my heart,
There lingers still, 'though we're far apart,
That taste of honey... tasting much sweeter than wine.

I will return, yes I will return,
I'll come back (he'll come back) for the honey (for the honey) and you.



アルバム'Please Please Me' から please

ステレオリマスター版でもどうぞ

ビートルズもいいけれど
やはりこれが一番 ハーブ・アルパートとティファナブラス

03/25|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夢中になって聴いた「ジェット・ストリーム」
JALの提供だったのですね
あらためて聴いて
もうあの鶴マークの飛行機は飛ばないのかと思うと
悲しいですね
まだ行ったことのない外国に思いを馳せて
想像を膨らませていた頃
そして初めての海外旅行に乗ったJAL
全て懐かしい40年も前のこと・・・

その頃この曲が寂しい兵士のことを歌っていたなんてまったく知らなかった
1964年ボビー・ヴィントンによってシングルリリースされNO1ヒットに
その年はベトナム戦争勃発前年
すでにアメリカは南ベトナムに軍事援助司令部をおき
多くの兵士が派遣されていた
そんな兵士の思いをのせてNO1に駆け上ったのか
オリジナルは1962年、ボビー・ヴィントンのアルバム「Roses Are Red」に収められている

******************

寂しい 僕は一人ぼっち
僕には誰もいない
とても寂しい 一人ぼっちなんだ
誰か電話をかける人がいたらいいのに

僕は兵隊だ 孤独な兵隊なんだ
望んだわけでもないのに家から遠くはなれ
だから寂しいんだ 一人ぼっちなんだ
家に帰れたらどんなにいいだろう

手紙 一通も来ない
郵便が届いても僕宛の手紙はない
僕は忘れられている そうだ忘れられたんだ
いったい僕の何が悪かったんだろう

僕は兵隊だ 孤独な兵隊なんだ
望んだわけでもないのに家から遠くはなれ
だから寂しいんだ 一人ぼっちなんだ
家に帰れたらどんなにいいだろう

**********************

Lonely, I'm Mr. Lonely,
I have nobody for my own.
I'm so lonely, I'm Mr. Lonely,
wish I had someone to call on the phone.

I'm a soldier, a lonely soldier,
Away from home through no wish of my own.
That's why I'm lonely, I'm Mr. Lonely,
I wish that I could go back home.

Letters, never a letter,
I get no letters in the mail.
I've been forgotten, yeah, forgotten,
Oh how I wonder how is it I failed.

I'm a soldier, a lonely soldier,
Away from home through no wish of my own.
That's why I'm lonely, I'm Mr. Lonely,
I wish that I could go back home


Bobby Vintonの歌で

懐かしい「ジェット・ストリーム」城達也さんのナレーションと共にどうぞ
「サン・トア・マミー」とカップリングで


03/09|M N Oコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
1982年バート・バカラックの作で映画「ナイト・シフト」のサウンドトラックとして使われた
その時歌ったのがロッド・スチュワート

その後1985年にディオンヌ・ワーウィック、グラディス・ナイツ、
エルトン・ジョン、スティービー・ワンダーのコラボ盤が
エイズ撲滅運動のキャンペーンのチャリティシングルとしてレコーディングされ
300万ドルを超える大ヒットなった

ロッド・スチュワートとコラボ盤では歌詞が少し異なっている
'And then if you can't remember' ・・・ロッド・スチュワート
'And then if you can remember' ・・・コラボ盤
まったく逆の意味
どちらがいいのかな~

************************

こんな気持ちになるなんて考えてもみなかった
僕としては
君のことをとても愛していると
伝えるチャンスがあってよかった

もし僕が遠く去らなくてはならなくなったら
その時は目を閉じて
今日の僕たちのことを思ってごらん
そうしてもし思い出すことが出来なかったなら

微笑み続けて 輝き続けて
いつでも僕のことを頼りにしていいんだよ 本当さ
そのための友達じゃないか
良いときも 悪いときも
いつだって君のそばにいる
そのための友達じゃないか

前に聞いたかもしれないけど
もう一度言うよ
僕の気持ちに揺るぎはない
君の事をどんなにか愛しているか分っているだろう

もし僕が遠く去らなくてはならなくなったら
その時は目を閉じて
僕たちがこの日をどう感じたか思い出してごらん
そうしてもし思い出すことが出来なかったなら

微笑み続けて 輝き続けて
いつでも僕のことを頼りにしていいんだよ 本当さ
そのための友達じゃないか
良いときも 悪いときも
いつだって君のそばにいる
そのための友達じゃないか

****************************

Oh I, never thought I'd feel this way
And as far as I'm concerned
I'm glad I've got a chance to say
That I do believe I love you

And if I, I should ever go away
Well than close your eyes
and try to feel the way we do today
And then if you can't remember

Keep smiling (smiling)
Keep shining (shining)
Knowing you can always count on me
for sure
That's what friends are for
For the good times (good times)
and the bad times (bad times)
I'll be on your side forevermore
That's what friends are for
Yeah

And I, though you heard it all before
Well I'll tell you one more time
So I can be completely sure
So you know how much I love

And if I should ever go away
well then close your eyes
and try to feel the way we feel this day
And then if you can't remember

Keep smiling (smiling)
Keep shining (shining)
Knowing you can always count on me
for sure
That's what friends are for
Oh in good times (good times)
and in bad times (bad times)
I'll be on your side forevermore
That's what friends are for

ビデオはあまり好みではないけれど歌は最高
ロッド・スチュワートの歌はこちらから


*********************************

Dionne Warwick & Friends バージョン

こんな気持ちになるなんて考えてもみなかった
私としては
あなたのことをとても愛していると
伝えるチャンスがあってよかった

もし私が遠く去らなくてはならなくても
その時は目を閉じて今日の私たちのことを
思ってごらんなさい
そうして思い出すことが出来たなら

微笑み続けて 輝き続けて
いつでも私のことを頼りにしていいのよ 本当よ
そのための友達じゃない
良いときも 悪いときも
いつだってあなたのそばにいるわ
そのための友達じゃない

あなたは私のもとへやって来て そして私の目を開いてくれた
いま私は多くのものを知る事ができた
だから あなたに感謝しているわ

離れ離れになっているときでも
目を閉じれば分る
私の心からの言葉だということが
そうして思い出すことができたら

微笑み続けて 輝き続けて
いつでも私のことを頼りにしていいのよ 本当よ
そのための友達じゃない
良いときも 悪いときも
いつだってあなたのそばにいるわ
そのための友達じゃない

頼りにしていいの 本当よ
そのための友達じゃない
そのための友達じゃない

****************************

And I never thought I'd feel this way
And as far as I'm concerned
I'm glad I got the chance to say
That I do believe I love you

And if I should ever go away
Well, then close your eyes and try to feel
The way we do today
And then if you can remember

Keep smiling, keep shining
Knowing you can always count on me, for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forever more
That's what friends are for

Well, you came and opened me
And now there's so much more I see
And so by the way I thank you

Whoa, and then for the times when we're apart
Well, then close your eyes and know
These words are coming from my heart
And then if you can remember, oh

Keep smiling, keep shining
Knowing you can always count on me, for sure
That's what friends are for
In good times, in bad times
I'll be on your side forever more
Oh, that's what friends are for

On me, for sure
That's what friends are for
Keep smiling, keep shining

そしてこちらが有名になったディオンヌ・ワーウィック&フレンズバージョン



03/02|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム