1946年ボビイ・トゥループ作
オリジナルはナット・キング・コール、その後チャック・ベリー(1961年)
ローリング・ストーンズ(1964年)など多くのカバーがある
タイトルはトゥループの最初の奥さんの提案でつけられた

トゥループはペンシルバニアからLAまでドライブしている時に曲のアイディアを思いついた
車で旅する気楽さと通る過ぎる町で起こる様々の物語・・・
まさに昔毎週楽しみに見ていたTVドラマそのものだ

インタビューでトゥループは
メロディーと"Get your kicks on Route 66"のところはすぐに思い浮かんだのだが
後の歌詞はなかなか書くことが出来ずに悩んだそうだ
結果ハイウェイ沿いの町の名を並べて歌詞を作った
結構これがよかったのではないか?

カバー曲では"Now you go through Saint Looey, Joplin, Missouri,"を
"It goes to St. Louis, down through Missouri..."と変えている場合が多い

**********************

いつの日か車で西部に行くんだったら
僕が薦めるこのハイウェイ こいつが一番さ
ルート66を突っ走れ

シカゴからLAまで
2000マイル以上の曲がりくねった道
ルート66を突っ走れ

ミズリー州をセントルイスからジョプリンまで通り抜け
オクラホマシティーは魅力的な街さ
さぁアマリロだ
ニューメキシコのギャラップに
アリゾナのフラッグスタッフ
ウィノナを忘れちゃいけないよ
キングマン、バーストウ、サンバーナーディノ 

このタイムリーな情報を頭に入れてくれたかな
カリフォルニアへ向かうなら
ルート66を突っ走れ

このタイムリーな情報を頭に入れてくれたかな
カリフォルニアへ向かうなら
ルート66を突っ走れ

**********************

If you ever plan to motor west,
Travel my way, take the highway that is best.
Get your kicks on route sixty-six.

It winds from Chicago to LA,
More than two thousand miles all the way.
Get your kicks on route sixty-six.

Now you go through Saint Looey, Joplin, Missouri,
And Oklahoma city is mighty pretty.
You see Amarillo,
Gallup, New Mexico,
Flagstaff, Arizona.
Don't forget Winona,
Kingman, Barstow, San Bernardino.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that California trip
Get your kicks on route sixty-six.

Won't you get hip to this timely tip:
When you make that California trip
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.
Get your kicks on route sixty-six.


Bobby Troup, The Rolling Stones, Chuck Berry, そして Nat King Cole
それぞれのRoute 66がすばらしい



スポンサーサイト
04/27|P Q R Sコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ロンドン北部、トッテナム出身の5人組バンド
ビートルズのリバプールサウンドに対して
トッテナムサウンドと呼ばれて数々のヒット飛ばした
'Because'は全米3位になった曲だが
本国では"Can't You See That She's Mine"のB面

*******************

君がふさいでいる時元気づけようとしたり
君の事を気にかけたりするのは当然なんだ
僕がこんな風に感じるのは当たり前なんだ
だって 僕は君を愛しているんだから

君のことなど考えてもいないなんて 間違っているよ
だって 君がそんなことを言うと
僕は悲しくなるって分っているだろう

一度キスしておくれ そしたら僕は幸せになれるんだ
ただ ただ君といるだけで
チャンスをくれないか 君のそばにいるチャンスを
だって 僕は君を愛しているんだから

*********************

It's right that I should care about you
And try to make you happy when you're blue
It's right, it's right to feel the way I do
Because, because I love you

It's wrong to say I don't think of you
'Cause when you say these things
You know it makes me blue

Give me one kiss and I'll be happy
Just, just to be with you
Give me, give me, a chance to be near you
Because, because I love you


懐かしさがいっぱい四半世紀も経ったなんて・・・こちらから
http://www.youtube.com/watch?v=NuYFPyeWuig


04/08|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ビートルズの美しいバラード
いかにもJohnらしい哲学的な詩に
John Paul Georgeの三人がそれぞれ三回ずつ声を重ねて作られた

Johnによればこの曲はベートーベンの「月光」にヒントを得たという
「ヨーコがピアノで『月光』を弾いていたとき、ふと思いついて『逆から弾けないかな?』って言ったんだ
そして『Because』を書いたわけさ。詩は読んでそのまま。感じたままさ」

*****************

Because The Beatles

地球は丸いから 面白いんだ
地球は丸いから・・・

風が強く吹くと 僕はワクワクする
風が強く吹くと・・・

過ぎ去った愛と 新しい愛
愛は全て 愛は君

空が青いから 僕は悲しくなる
空が青いから・・・

************************

Because the world is round it turns me on
Because the world is round...

Because the wind is high it blows my mind
Because the wind is high......

Love is old, love is new
Love is all, love is you

Because the sky is blue, it makes me cry
Because the sky is blue.......


独特のハーモニー・・・Beatlesでどうぞ



04/08|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム