上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
コール・ポーターがリッツ・ホテル(パリ)のバーのピアノで作曲したと言われている
1935年にブロードウェイ・ミュージカル「ジュビリー」で使われた
ビギン(Beguine)は西インド諸島フランス領マルティニクのダンス音楽
その土地で話されているクレオール語で「白人の女性」を意味する

社交ダンスとラテン系民族ダンスが合わさって出来たカップル・ダンスで
1940年代にパリで流行し、やがて世界的に広まった
これは曲のヒットによるところが大きい

オリジナルはかなり長い曲でコール・ポーター自身も
「自分でも全部覚えられない。楽譜を見なくては演奏できない」と言っている
その長さのためか当初はあまりヒットしなかった
その後アーティー・ショウがスィング・オーケストラ向けに編曲して1938年に再リリース 
アーティー・ショウバンドの名を揺るぎないものとすると共に
「ビギン・ザ・ビギン」はスィング時代の名曲の一つとなった

***************************

ビギンの演奏が始まると
優しい旋律が戻ってくる
南国の輝きに満ちた夜が戻ってくる
色褪せぬ思い出がよみがえる

僕は再び君と星空の下にいる
海辺にはオーケストラの奏でる音楽が流れ
ヤシの木までもがその葉をゆらす
ビギンの演奏が始まると

やり直そうと思ってもそれは叶わぬこと
あのメロディーが心を捉えて放さないときだけは
僕たちはこうして 永遠の愛を誓っている
決して 決して離れないと約束している

僕たちが味わっていた喜びを吹き散らそうと雲が立ち上るまでの
何と素晴らしいひと時 何と平和に満ちた喜び
無駄にしてしまったチャンスに怒りを覚える人々の叫びが聞こえる
僕だって彼らの気持ちは十分理解できる

だからビギンを始めないで
かつて炎のように燃えた恋は残り火のままにしておこう
僕だけが覚えているさめた欲望のように眠らせておこう
ビギンの演奏が始まる時は

いや 演奏してもらおう ビギンを始めてもらおう
君の上に輝いていた星が戻ってくるまで
君がもう一度僕に「愛しているわ」と囁いてくれるまで
すると急に僕達はこの上なく幸せな世界にいることに気がつく
ビギンが始まれば

*********************

When they begin the beguine
It brings back the sound of music so tender
It brings back a night of tropical splendor
It brings back a memory ever green

I'm with you once more under the stars
And down by the shore an orchestra's playing
And even the palms seem to be swaying
When they begin the beguine

To live it again is past all endeavor
Except when that tune clutches my heart
And there we are, swearing to love forever
And promising never, never to part

What moments divine, what rapture serene
Till clouds came along to disperse the joys we had tasted
And now when I hear people curse the chance that was wasted
I know but too well what they mean

So don't let them begin the beguine
Let the love that was once a fire remain an ember
Let it sleep like the dead desire I only remember
When they begin the beguine

O yes, let them begin the beguine, make them play
Till the stars that were there before return above you
Till you whisper to me once more: "Darling, I love you!"
And we suddenly know what heaven we're in
When they begin the beguine

**************************

「ビギン ザ ビギン」と言えばフリオ・イグレシアス
スペイン語バージョンは英語の歌詞とは少し内容が異なる

*******************

ビギンが始まると
感じたいんだ いつものように
知りたいんだ 君がまだ僕のことを求めているか
初めに戻りたいんだ

ビギンが始まると
知りたくなるんだ 君の人生のことを
知りたくなるんだ 君はすべて忘れてしまったのかを
初めからやり直すために

僕は君の愛をもてあそんできた
そして君の気持ちは今でも僕に向いていると思っていた
今日 すべてはもう終わってしまい
初めからやり直す余地もないと分かった

日ごと君の愛は大きくなっていった
いつか君を失うことになるかもしれないなんて誰が分っただろう?
今 一人ぼっちの僕をみて
初めからやり直す余地などないと分かった

ビギンが始まると
感じたいんだ いつものように
知りたいんだ 君がまだ僕のことを求めているか
初めに戻りたいんだ

********************

When they begin the beguine
Quiero sentir las cosas de siempre
Quiero saber si tú aun me quieres
Quiero volver a empezar

When they begin the beguine
Quiero saber que fue de tu vida
Quiero saber si todo se olvida,
para volver a empezar

Yo que siempre jugué con tu amor hasta el final
Y seguro yo estaba que tú aun me querías
Hoy al ver que ya todo acabó que no daría,
para volver a empezar.

Día a día te hacías querer un poco más
¿Quién me iba a decir que una vez te perdería?
Y hoy al verme tan solo sin ti que no daría,
para volver a empezar.

When they begin the beguine
Quiero sentir las cosas de siempre
Quiero saber si tú aun me quieres,
para volver a empezar.


フリオ・イグレシアス

アーティ・ショウのスィング・バージョン

美しい地球のサテライト映像と共にアーネスト・コルタサルのピアノ演奏


スポンサーサイト
07/14|A B Cコメント(7)トラックバック(0)TOP↑
1954年に作られたときは「言い換えれば - In Other Words」というタイトルで
曲の雰囲気も現在よく知られているものとは大分異なっていたようだ
1962年に新しくアレンジされた曲をフランク・シナトラがカバーして大ヒットとなった
その後一行目の歌詞から「Fly Me To The Moon - 私を月に連れて行って」として有名になり
数年後に正式にタイトルが変更された

*************************************

人はしばしばシンプルなことを伝えるのに様々な言葉を使う
詩を歌にするために
時間をかけてよく考えて 韻をふんだりして
音楽と言葉でちょっと遊んでみた
そして君のためにこの歌を作った
僕の言っていることが確実に君に分かってもらえるように
だんだんと説明してゆこう

僕を月まで連れて行って
星たちと遊ばせて
木星や火星では
どんな春を迎えるのか見せて欲しい
つまり 手をつないで欲しいんだ
だから ベイビー キスして欲しいんだよ

僕の心を歌でいっぱいにして
ずっと歌わせてくれ
君は僕が望む全て
僕があこがれ愛する人
つまり うそは言わないでくれ
だから 愛しているんだ

僕の心を歌でいっぱいにして
ずっと歌わせてくれ
君は僕が望む全て
僕があこがれ愛する人
つまり うそは言わないでくれ
だから それだから
あ・い・し・て・いるんだ

******************************

Oh it's often use many words to say a simple thing
It takes thought and time and rhyme
To make a poem sing
With music and words I've been playing
For you I have written this song
To be sure you known what I'm saying
I'll translate as I go along

Fly me to the moon
Let me play among the stars
Let me see what spring is like
On a-Jupiter and Mars
In other words, hold my hand
In other words, baby, kiss me

Fill my heart with song
And let me sing for ever more
You are all I long for
All I worship and adore
In other words, please be true
In other words, I love you

Fill my heart with song
Let me sing for ever more
You are all I long for
All I worship and adore
In other words, please be true
In other words, in other words
I love ... you


聴き比べてみてください

Nat King Cole

Julie London

Diana Krall

Frank Sinatra

Jang Keunsuk & Park Shinhye


07/05|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。