上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
天使は田舎の上空を飛びながら
まだ聴いていた
小さな教会から聞こえてくる
歌声を

********************************

As He flew over the countryside
He was still listening
When from a little church below
He heard a voice begin to sing


心癒される映像をこちらから

スポンサーサイト
11/28|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
森の真ん中の
小川のそばの草原で
母親が生まれたばかりの赤子を抱いています
そして赤子は夢の世界に入ってゆくのです

赤子は語られない希望の数々を夢見ます
人の目から涙が消える時を
母親は赤子をしっかりと抱きしめます
彼は平和の王子なのだから

降りそそぐ月の光は
木々を通してその影を地上に落とし  
星はいっそう輝きを増しながら
目にした光景を囁きあいます

皇帝も貧しき民も
ライオンも子羊も
赤子の平安を思い
その前にひざまづいた様子を

聞け 神の御使いである天使たちが歌うのを
新たな王の誕生に栄光あれ
この世に平和と寛大な慈悲を
神と罪びとは和解し
全ての民に栄光あれ
天上の大いなる祝賀に加わろう

天使の宣誓をもって
キリストがベツレヘムにお生まれになった
聞け 神の御使いである天使たちが歌うのを
新たな王の誕生に栄光あれ

ベルよ鳴れ この知らせを響かせよ
国中に響き渡らせよ
ベツレヘムに王がお生まれになった
王国はすぐそこに

全世界で喜びを分かち合おう
星空を見上げるとき
我らはみな兄弟であり
子供は我々みなのものと知るだろう 

天使はサラエボに飛びました
そこでは大地に傷跡があり
人々も傷ついていました
とても理解できない光景です

その中で一番深い傷は
人間には見えないけれど
天使にははっきりと見えます
夢が傷ついたことを

ベルファストやブルンジ
ルワンダ パレスチナ
この地での勲章は
彼らの犯罪に対して与えられたものだけ

かつて子供たちが遊んでいた庭を
今や兵士たちが踏みつけています
天使は人が話しているのを聞きました
兵士達は自分達が信じる神のために殺しているんだと

天使は神様のお話を何度も聞き
いつも注意して耳を傾けていました
しかし この隣人に対する殺戮については
主は一度もお話しになりませんでした

天使が地上に近づくと
戦いが繰り広げられた地の
廃虚の中から
またあの音楽が聞こえてきました

それは一台のチェロの音色
忘れられたクリスマスソング
そして その戦いの地にさえも
あの歌は流れていたのです

天使はこう書きしるし
その地を飛び去りました
この音楽が流れるところには
必ず希望が見つかると


***********************

In the middle of a forest
There's a clearing by a stream
Where a mother holds her newborn
And the child begins to dream

And he dreams of hopes unspoken
When the tears of man will cease
And his mother holds him closer
For he is the Prince of peace

And the moon is looking downward
Casting shadows through the trees
And the stars are shining brighter
As they whisper what they see

How the emperor and the pauper
With the lion and the lamb
Kneel down before the infant
For his peace they understand

Hark, the herald angels sing
Glory to the newborn king
Peace on earth and mercy mild
God and sinners reconciled
Glory all ye nations rise
Join the triumph of the skies

With the heavenly host proclaim
Christ is born in Bethlehem
Hark, the herald angels sing
Glory to the newborn king

Let the bells ring out these tidings
Let it echo across the land
That a king is born in Bethlehem
And his kingdom is at hand

Let the world rejoice together
As it looks upon the stars
Knowing every man's our brother
And that every child is ours

As he flew o'er Sarajevo
There were scars upon the land
There were scars upon the people
It was hard to understand

And the deepest scars of all
Which to humans are unseen
But the angel could see clearly
Were the scars upon the dreams

Like Belfast and Burundi
Rwanda, Palestine
The only decorations here
Had been awarded for their crimes

And in gardens where the children played
Now soldiers only trod
And stranger still, he heard some say
That they were killing for their god

Now the angel heard god speak many times
And he had always paid attention
But this killing of ones neighbor
Was something the Lord had never mentioned

But as he neared the earth
Of a recent battleground
From among the ruins
He once more heard the sound

It was a single cello playing
A forgotten Christmas song
And even on that battlefield
The song somehow belonged

And as he flew away
The angel did take note
That where he found this music played
One always could find hope




Jeff Scot Sotoのパワフルなヴォーカルをこちらから



11/26|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Instrumental only


映像はきれいですがライトの点滅があります こちらから


11/26|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
そこで天使は村の農夫にたずねました
ロシアの民は何を望んでいるのかと
農夫は答えました 「もちろん世界の平和さ」
そして付け加えました 「ほんの少しのウォッカも」

**************************************

Then he asked a village peasant
What do Russian hearts desire
He answered peace on earth, of course
and a little, "Stolichnaya"


アクロバティックなバイオリンの演奏・・・ちょっとライトの点滅があります こちらから


11/26|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ロンドンから ローマ パリ
ベルリン 東京へ
冬の季節はまだ始まらない
初雪が降るまでは

天使はウラル山脈を越えて
北国の暗闇の中で光を放っている
小さな町にやって来ました
天使は地上に降りたつと
人々の間を歩いてまわりました
人間に姿を変えているので
誰も彼を天使だとは気がつきません
しかし 彼の目には不思議な光が宿っていたのです


****************************

From London, Rome and Paris
To Berlin and Tokyo
Winter never really starts
Until it's given its first snow

As he flew over the Urals
He came upon a little town
Shining in the Arctic darkness
So the angel he set down
Then he walked among the people
In a fitting earth disguise
So no one recognized him
Though they wondered at his eyes


台詞が入っていないバージョンですが・・・こちらから



11/26|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
神のみ恵みを
神のみ恵みを

空には私たちを導いてくださる星があります
空には私たちを導いてくださる星があります

皆 
神様が現れるのを心待ちにしているのです
神様が現われるを心待ちにしているのです
心待ちにしているのです

クリスマス
お導き下さい 私たちは従います
希望と明日の日を
不思議な力と夢を

紆余曲折あったけど
子供時代を振り返れば
昔の自分が思い出されます
幻想と...

クリスマス
私達はあなたの子供です
あなたは呼び求めればいつでも
私達を元の場所に連れ戻してくださる
毎年 私達は待っているんです
期待しながら
雪が降り始めると

メリー クリスマス
メリー メリー クリスマス
メリー クリスマス
メリー メリー クリスマス

クリスマス飾りやときわ木の小枝
きれいにつつまれた
プレゼントの数々
キャンドルの光に照らされて
色とりどりに輝く夜

祝歌をうたう人やヤドリギ
そして一列に下げられたくつ下
暖炉は赤々と燃え
子供達は安らかに眠りにつきました

鐘を鳴らそう 鐘を鳴らそう
教会の鐘を鳴らそう

すべての民に喜びを 神様がお出でになった
すべての民に神の栄光あれ

クリスマス
お導き下さい 私たちは従います


*********************

God rest ye merry gentlemen
God rest ye merry gentlemen

There up in the sky a star to follow
There up in the sky a star to follow

All
Await the coming of the Lord
Await the coming of the Lord
Await the coming of the ...

Christmas
Lead and we'll follow
Hope and tomorrow
Magic and dreams

You are all this and more now
Childhood recalls how
You are
Visions and...

Christmas
We are your children
You take us back when
Ever we call
Each year we are here waiting
Anticipating
As the snow starts to fall

Merry Christmas
Merry, Merry Christmas
Merry Christmas
Merry, Merry Christmases

Ornaments and evergreens
With packages as yet unseen
All wrapped in paper
Colored bright
Reflecting candles in the night

With carolers and mistletoe
And stockings all hung in a row
Or fireplaces glowing red
With children safely sent to bed

Ring the bells, Ring the bells
Let the churches ring the bells!

Joy to the world, the Lord has come
Let his light shine on everyone

Christmas lead and we'll follow


スタジオ録音版をこちらから



11/21|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
天使が聞いたその音は
鐘の鳴り響く音
しかし 夜のしじまからは
人の声も聞こえてきます

****************

The sound that he had heard
Was the ringing of the bells
But now inside that night
There were voices there as well

TSOの演奏をバックにクリスマス・イルミネーションをお楽しみ下さい こちらから
11/19|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ある夜 天使が
地上に舞い降りました
神様からの使命を受けて
価値あるものを見つけるために

神様の御子がお生まれになった
あの冬の夜以来
全ての善人がなした
全ての行いの中から

寒い冬の夜空に
音が響きわたります
その音は 大空を飛ぶ天使を
その場にひき留めました

音のもとを探して
天使は地上に目をむけます
寒い冬の夜
その音は天使を引き寄せました

何かを持って帰るようにと
天使は使命を受けたのです
誰も手を触れることが出来ず
天使だけが手にすることが出来るものを

そこでその夜
澄み切った空に
多くの星の間から
天使が現れました

寒い冬の夜空に
音が響きわたります
その音は 大空を飛ぶ天使を
その場にひき留めました

音のもとを探して
天使は地上に目をむけます
寒い冬の夜
その音は天使を引き寄せました


*********************

An angel came down
One night to the earth
A mission from God
To find out the worth

Of everything that
His children had done
Since that winter night
The birth of His son

And then a sound filled the night
In the cold winter air
And in the midst of his flight
It was holding him there

And as he looked toward the earth
For the source of this sound
On that cold winter night
It was pulling him down

To bring something back
This angel was told
That no one could touch
But angels could hold

So on that night
When the sky had cleared
Among all the stars
An angel appeared

And then a sound filled the night
In the cold winter air
And in the midst of his flight
It was holding him there

And as he looked towards the earth
For the source of this sound
On that cold winter night
It was pulling him down


2009年シアトルでのライブをどうぞ



11/18|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
物語

降り積もった雪に清められたクリスマスイブ、
すさんだ街の片隅の古びたバーに若い男がいました。
テーブルに置かれたグラスであたかも自分と世間を隔てる壕を作るように
一人で座っていました。
そこに年老いた紳士がやって来て声を掛けました。
「ご一緒してもよろしいですか?」
男は少し驚いた様子でしたが軽くうなずきました。
やがて、ものの数分もたたないうちに、男は老人の話に心を奪われていきました。
それは神様が天上から目にしたあるクリスマスイブのお話でした。

神の子イエスキリストがお生まれになって2000年以上経ったある日、
神様は一番若い天使に向かって言われました。
「地上に降りて、クリスマスイブの今日行われた様々の善行の中で
一番善いと思うものを一つ見つけてきなさい。」

天使は神様にお辞儀をすると翼をひろげ、
仰せつかった使命のことを思いながら地上へと降りてゆきました。
そこではキリストの誕生を祝して、多くの善行が行われていました。
この日のために戦争は一時休戦となり、大聖堂が建造され、小説も書かれました。
ほんのわずかな時間に、
これら全ての中から一番という行いを見つけ出すことが出来るのでしょうか?
天使は空を舞いながら考えました。
するとその時、遥かかなたから教会の鐘の音が聞こえてきました。
その音色は大変に美しく、天使は神様の声を思い起こしました。

地上を見下ろすと小さな教会が見え、
鐘の音と共に「聖夜」のメロディーが聞こえてきました。
歌声は次第に小さくなりやがて最後の旋律が消え去ると、
一人の澄んだ歌声が響きわたりました。
すぐに別の一人が見事なハーモニーを奏でると、
次から次へ歌声が加わり夜の闇に吸い込まれてゆきました。
天使はすっかり魅了され、しばし翼を休め最後まで聞きほれていました。

再び空を舞い始めた天使は、大きな都市から小さな村まで
いたるところでこれらの音楽を聞き、大変嬉しくなりました。
それは、オーケストラの奏でる音楽であったり、
一人任務についている前線の兵士が口ずさむメロディーあったり、
形は様々ですが、これらの歌が聞こえてくるところには、
人々の心に希望の光が宿っているのに気がつきました。
天使はこの歌こそクリスマスを物語るのに最も適したものだと考えて、
夜の闇に吸い込まれたメロディーをかき集めました。
深く絶望した人々の心に希望の光を投げかけ、
喜びをもたらすものだと考えたのです。

天使はこれこそ神様から命ぜられた使命の答えだと思ったのです。
しかし、この音楽では十分ではないと言う声が心の底から聞こえてきました。
何かもっと他にあるはずだ。
そこで天使は再び夜空を飛び続けました。
すると急に天国の神様に祈りを捧げる父親の言葉を感じました。
見下ろすと子供のために祈る男の姿が見えました。
子供から便りがなくなって随分と時間がたっていたのです。
今年のクリスマスにも戻っては来ないでしょう。
天使は祈りを捧げる男の姿に思いをこめるとやがて、
行方の知れなかった子供の姿が浮かび上がりました。

少女は街角に立っていました。
雪が音もなく降り続ける大都会の中で、
彼女はとても小さくはかなげな存在に見えました。
通りの向こうには古びたバーがありました。
居場所を失った人だけが見つけるすべを知っているような、
そんなバーです。
客達は自分達の飲み物からめったに顔を上げることもなく、
だから少女のことなどまったく気がついていない様子でした。
バーテンダーは、誰も彼がいつからここで働いているのか思い出せないくらい長く
このバーで働いています。
彼が信じているのは自分のバーとキャッシュレジスターのみ、結婚もせず、休暇を取ることもなく、
客達は彼がカウンターの後ろから出たのを見たことがありませんでした。
客が店に来た時、彼はすでにカウンターの後ろにいて、最後の客が帰る時も、
まだそこにいました。
ツケは一切お断り、酒で自分の周囲に壁をめぐらせているような客達に
75セントで一杯のストレートウイスキーを出し続けていました。
このバーの主人は客達にとって安心できる、いつもと変わらない世界を提供しているのです。

急にドアが開き、いつもと変わらない世界に小さな子供が入ってきました。
このバーで子供の姿を見かけたのはいつの事だったでしょうか。
バーテンダーがどうしたのかと問う前にその子供が、
ドアの外に家に帰れなくなった少女が立っているのを知っているかと尋ねました。
外を見ると確かに通りの向こうに少女が立っているのが見えました。
バーテンダーは何で少女が家に帰れないと分るのかと子供に聞くと、
子供はいいました。
「今夜のような特別な夜は、家に帰れる者はもうとっくに帰っているはずだよ」
バーテンダーは少女の方を見ると、少年の言ったことについて考えていました。
しばらくすると彼はレジスターにあったお金を集め、
カウンターの後ろから出てくると子供の後を追ってバーを出てゆきました。

バーにいた客はバーテンダーが少女と話すのを見ていました。
すると彼はタクシーを止め少女を乗せると、運転手に「JFK空港まで」と告げました。
タクシーが遠ざかると彼は先ほどの子供を捜しましたがどこにもいません。
さらに不思議なことに彼の足跡は雪の上にはっきりと残っているのですが、
子供の足跡はどこにも見当たりません。
バーに戻ると彼は子供がどこに行ったか見た人はいるか尋ねました。
しかし、走り去るタクシーは見ているのに、
誰一人として子供の姿を見ていた人はいなかったのです。
そこにいた人が後日話したことには、不思議なことがいろいろ起きた夜だったが、
最も不思議なのはその夜、誰も酒の代金を払わなかったということでした。

その夜遅く天使は天国に戻り、主の御手に人の幸せを願う心を置きました。
天使が見つめていると主のお顔には微笑が広がりました。

老人は語り終えると、楽しいひと時を過ごしたけれどもう帰らなければ、と若者に伝えました。
老人が立ち去るとすぐに若者は後を追い名前を聞こうとしましたが、
ほんの数秒しか経っていないのにすでに彼の姿はなく、雪の上に足跡も残っていません。
若者は一瞬困惑してその場に立ち竦んでいましたが、
すぐに穏やかな安らぎと、満たされた感覚に体中が包まれるを感じました。
やがて若者はコートのボタンをかけると家に向かってゆっくりと歩き始めました。
こうして彼は子供の時以来、初めてクリスマスの夢を夢見たのでした。

11/17|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Rockオペラと呼ばれるTrans Siberian Orchestraのクリスマスソング

Christmas Eve and Other Stories from 1996 album
1 Story
2 An Angel Came Down
3 O Come All Ye Faithful / O Holy Night
4 A Star To Follow
5 First Snow
6 The Silent Nutcracker
7 Mad Russian's Christmas
8 The Prince of Peace
9 Christmas Eve / Sarajevo 12/24
10 Good King Joy
11 Ornament
12 The First Noel
13 Old City Bar
14 Promises To Keep
15 This Christmas Day
16 An Angel Returned
17 O Holy Night
18 God Rest Ye Merry Gentlemen

Christmas Attic - クリスマスの屋根裏部屋
1 Story - 物語
2 Introduction
3 The Ghosts of Christmas Eve
4 Boughs of Holly
5 The World That She Sees
6 Midnight Christmas Eve
7 The Three Kings And I (What Really Happened)
8 Christmas Canon
9 Joy Of Man's Desire / Angels We Have Heard On High
10 Find Our Way Home
11 Appalachian Snowfall
12 The Music Box
13 The Snow Came Down
14 Christmas In The Air
15 Dream Child (A Christmas Dream)
16 An Angel's Share
17 Music Box Blues
11/17|Trans Siberian Orchestra - Indexコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。