野獣のディナーへの誘いを断ったベルは
そっと城の食堂へ降りてゆきます
そこでは魔法にかけられ様々な道具に姿を変えられた使用人達が
彼女をもてなします

********************

ルミエール:
美しいお嬢さん
今宵あなたをお迎えすることは私達の最大の誇りと喜びです
どうぞくつろいでください
お掛け下さい
ダイニングルーム一同 誇りを持って
お食事を準備いたしましょう

ようこそお客様 おくつろぎ下さい
私達のサービスをお楽しみ下さい
ナプキンを掛けて お嬢さん
お食事をお出ししましょう
本日のスープ
オードブル
そう お仕えするのが私達の仕事
自慢の食事をお召し上がり下さい

チップ:
美味しいよ

ルミエール:
信じていらっしゃらない?お皿に聞いてください
歌って踊って
つまり お嬢さん ここはフランスです
ここのディナーは最高です
さあ メニューを開いて
ご覧下さい そうすれば
あなたは私達のお客様です
そう お客様なのです
ご遠慮なく

ルミエールとコーラス:
牛肉のシチュウ
チーズスフレ
パイにフランべしたプディング

ルミエール:
私達が用意してお出しする
センスの良い料理のエンターテインメント
あなたは一人で
ちょっと不安になっているでしょう
でも晩餐会はすべて準備が整っているのです
不機嫌になったり文句を言う人は誰もいません
お皿たちがおもてなしをしているあいだ
私達は面白い話をして 仲間のキャンドルたちと
手品もお見せしましょう

コーラス:
全て素晴らしいものです
保証します
さあグラスを上げて
あなたは私達のお客様となる
フリーパスを手に入れたのです

ルミエール:
もしストレスを感じているなら
美味しいご馳走を食べることを勧めます

コーラス:
お客様 どうぞごゆっくり ご遠慮なく
心配事など忘れて
さあ 前菜をどうぞ
いろいろ揃えました お勧めは
パンをどうぞ スープはいかが
クルトンがクルクル回っていますよ

ルミエール:
どうぞお客様!

コーラス:
ご遠慮なく!

ポット夫人:
お客様だわ! お客様よ!
驚いたわ すばらしいわ!
ワインをついで よかったわ
ナプキンにはキチンとアイロンを掛けておいたわ
デザートには紅茶がいるわね
大丈夫よ
カップたちが踊っている間に
私はお湯を沸かしてお茶を入れるわ
ポットも温めて 湯気が上がるように
あらまあ シミかしら?
きれいにして! お客様に気持ちよく過ごしてほしいから

コーラス:
やることがたくさん!

ポット夫人:
お砂糖は一つ?二つ?
さあどうぞ 客様

コーラス:
彼女はお客様!

ポット夫人:
彼女はお客様!

コーラス:
彼女はお客様!
お客様! ご遠慮なく! ごゆっくり!

ルミエール:
お仕えすることのできない召使にとって
人生は空しいもの
使われない道具なんて無用の長物
あの懐かしい日々 私達には仕事がたくさんあった
急にそんな日々は消え去って
10年もの間 私達に仕事はなく
ホコリまみれ
腕を発揮する機会もなく
毎日お城の中でゴロゴロしているだけ
すっかりだらけて太ってしまった
そこにあなたが入ってきて 

コーラス:
お客様 どうぞごゆっくり!
何なりと命じてください
久しぶりにお客様をお迎えして
お食事を準備して おくつろぎください
はい ほんとうに 喜んでいただきたいのです
ロウソクが輝いている間に
あなたが「もうおなかいっぱい!」と言うまで
一皿ひと皿 
お料理をお出しします
それから心地よい眠りにお誘いしましょう
今夜は足元がおぼつかなくなるかも
でも今は食べましょう!
大切なお客様
大切なお客様
大切なお客様
どうぞごゆっくりなさってください

***********************

Lumiere:
Ma chere Mademoiselle, it is with deepest pride
and greatest pleasure that we welcome you tonight.
And now we invite you to relax, let us pull up a
chair as the dining room proudly presents -
your dinner!

Be our guest! Be our guest!
Put our service to the test
Tie your napkin 'round your neck, cherie
And we'll provide the rest
Soup du jour
Hot hors d'oeuvres
Why, we only live to serve
Try the grey stuff

Chip:
It's delicious

Lumiere:
Don't believe me? Ask the dishes
They can sing, they can dance
After all, Miss, this is France
And a dinner here is never second best
Go on, unfold your menu
Take a glance and then you'll
Be our guest
Oui, our guest
Be our guest!

Lumiere and Chorus:
Beef ragout
Cheese souffle
Pie and pudding "en flambe"

Lumiere:
We'll prepare and serve with flair
A culinary cabaret!
You're alone
And you're scared
But the banquet's all prepared
No one's gloomy or complaining
While the flatware's entertaining
We tell jokes! I do tricks
With my fellow candlesticks

Chorus:
And it's all in perfect taste
That you can bet
Come on and lift your glass
You've won your own free pass
To be out guest

Lumiere:
If you're stressed
It's fine dining we suggest

Chorus:
Be our guest! Be our guest! Be our guest!
Get your worries off your chest
Let us say for your entree
We've an array; may we suggest:
Try the bread! Try the soup!
When the croutons loop de loop
It's a treat for any dinner
Don't believe me? Ask the china
Singing pork! Dancing veal!
What an entertaining meal!
How could anyone be gloomy and depressed?
We'll make you shout "encore!"
And send us out for more
So, be our guest!

Lumiere:
Be our guest!

Chorus:
Be our guest!

Mrs Potts:
It's a guest! It's a guest!
Sakes alive, well I'll be blessed!
Wine's been poured and thank the Lord
I've had the napkins freshly pressed
With dessert, she'll want tea
And my dear that's fine with me
While the cups do their soft-shoein'
I'll be bubbling, I'll be brewing
I'll get warm, piping hot
Heaven's sakes! Is that a spot?
Clean it up! We want the company impressed

Chorus:
We've got a lot to do!

Mrs Potts:
Is it one lump or two?
For you, our guest!

Chorus:
She's our guest!

Mrs Potts:
She's our guest!

Chorus:
She's our guest!
Be our guest! Be our guest! Be our guest!

Lumiere:
Life is so unnerving
For a servant who's not serving
He's not whole without a soul to wait upon
Ah, those good old days when we were useful...
Suddenly those good old days are gone
Ten years we've been rusting
Needing so much more than dusting
Needing exercise, a chance to use our skills!
Most days we just lay around the castle
Flabby, fat and lazy
You walked in and oops-a-daisy!

Chorus:
Be our guest! Be our guest!
Our command is your request
It's been years since we've had anybody here
And we're obsessed
With your meal, with your ease
Yes, indeed, we aim to please
While the candlelight's still glowing
Let us help you, We'll keep going
Course by course, one by one
'Til you shout, "Enough! I'm done!"
Then we'll sing you off to sleep as you digest
Tonight you'll prop your feet up
But for now, let's eat up
Be our guest!
Be our guest!
Be our guest!
Please, be our guest!


ディズニーならではの道具達のキャラクターの可愛さが楽しめます こちらからどうぞ






スポンサーサイト
01/29|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ある時父親を探して城にたどり着いたベルは
そこに捕らえられていた父親の変わりに
自分が城に留まります

そしてある日野獣はベルをディナーに招待しますが
断られて・・・

*****************

野獣:
どれだけこんな状態が続くんだ
この残酷な運命のいたずらが
俺は不注意でたった一度間違った判断をした
そして魔女は消えてしまった
俺をこんな姿に変えて
嫌われ笑いものにされ
憎まれもされるような・・・
どうしたら許しが請えるのか
教えてくれる人は
誰もいないのか?

********************

Beast:
How long must this go on?
This cruel trick of fate?
I simply made one careless wrong decision
And then the witch was gone
And left me in this state
An object of revulsion and derision
Hated...
Is there no one
Who can show me
How to win the world's forgiveness?

魔女が残していった枯れないバラを悲しそうに見つめる野獣 こちらから



01/25|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
昔々、遠い国の
美しいお城に王子様が住んでいました
彼は欲しいものは何でも手に入れることが出来ましたが
甘やかされて育ったのでわがままで冷たい性格でした

ある冬の夜
年老いた女の物乞いがやって来て
一本のバラの花を差し出し
厳しい寒さをやり過ごすための宿を求めました
王子は物乞いの薄汚い姿を不愉快に思い
バラの花を見て鼻であざ笑い
物乞いを追い払おうとしました

しかし、物乞いは王子に外見に騙されてはいけない
美しさというものは人の内にあるのだからと忠告しました

王子が再び物乞いを追い払おうとしたとき
年老いて醜い女の物乞いは
美しい魔女に姿を変えていました

王子は謝ろうとしましたがもう遅すぎました
魔女は王子の心の中に愛のかけらもないことを見てしまったからです
そして罰として
王子を見るも恐ろしい野獣の姿に変え
城とそこに住む人すべてに
強力な魔法をかけてしまいました

王子はその怪物のような姿を恥じて
城に閉じこもってしまい
外の世界を知る唯一の手段は魔法の鏡だけとなりました

魔女が差し出したバラは
本当に美しい花で
王子の21歳の誕生日まで咲き続けます
もし王子がこのバラの最後の花びらが落ちる前に
人を愛することを知り
愛されるようになったら
その時魔法が解けるのです
もしダメだったら・・・そのときは王子はそのまま一生
野獣の姿でいなければならないのです

年が過ぎて
望みももてなくなり王子は落胆していました
誰が野獣なんか愛してくれるのでしょうか?

**************************

Once upon a time, in a faraway land
A young Prince lived in a shining castle
Although he had everything his heart desired
The Prince was spoiled, selfish, and unkind

But then, one winter's night
An old beggar woman came to the castle
And offered him a single Rose
In return for shelter from the bitter cold
Repulsed by her haggard appearance
The Prince sneered at the gift
And turned the old woman away

But she warned him not to be deceived by appearances
For Beauty is found within

And when he dismissed her again
The old woman's ugliness melted away
To reveal a beautiful Enchantress

The Prince tried to apologize, but it was too late
For she had seen that there was no love in his heart
And as punishment
She transformed him into a hideous beast
And placed a powerful spell on the castle
And all who lived there

Ashamed of his monstrous form
The beast concealed himself inside his castle
With a magic mirror as his only window to the outside world

The Rose she had offered
Was truly an enchanted rose
Which would bloom until his 21st year
If he could learn to love another
And earn her love in return
By the time the last petal fell
Then the spell would be broken
If not, he would be doomed to remain a beast
For all time

As the years passed
He fell into despair, and lost all hope
For who could ever learn to love...a Beast?

ステンドグラスの絵本のような画面をこちらからお楽しみに下さい

01/23|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
18世紀に出版されたフランスの民話を元に
映画やミュージカル バレエなど多くの作品が作られているが
ディズニーアニメの内容は原作とは少し異なっている

映画の中でベルや野獣の性格付けや描き方にいろいろ批判もあったようだが
難しいことは言わずに美しい画面とHappy Endでいいのでは?

***************************************

昔々の
本当にあったお話し
友達でもなかったのに
誰かが思いがけず
変わってゆく

ほんの小さな
とっても小さな変化
二人とも少し怖くて
どちらも心の準備など出来ていなかった
美女も野獣も

いつもと同じように
いつも思いがけなく
いつもと変わらず
いつも確実に
まるで太陽が昇るように

昔々のお話
古い歌のメロディーのように
ほろ苦くて不思議なお話し
変われると気がついて
間違っていたと気がついて

太陽が東から昇るのと同じくらい
確かなこと
昔々のお話
語り継がれた詩のように
美女と野獣

昔々のお話
語り継がれた詩のように
美女と野獣

***************************************

Tale as old as time
True as it can be
Barely even friends
Then somebody bends
Unexpectedly

Just a little change
Small to say the least
Both a little scared
Neither one prepared
Beauty and the Beast

Ever just the same
Ever a surprise
Ever as before
Ever just as sure
As the sun will rise

Tale as old as time
Tune as old as song
Bittersweet and strange
Finding you can change
Learning you were wrong

Certain as the sun (certain as the sun)
Rising in the east
Tale as old as time
Song as old as rhyme
Beauty and the Beast

Tale as old as time
Song as old as rhyme
Beauty and the beast

セリーヌ・ディオンとピーボ・ブライソンの歌とアニメをこちらから





01/18|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム