お城で幸せな日々を過ごすベルと野獣
ベルの父親に会いたいという唯一の望みを叶えるため
野獣はベルを父の元へ帰すことにしました
たとえそれで人間に戻ることができなくても・・・

ベルに結婚を迫る村の若者モーリスは
ベルの野獣に対する気持ちを察して
野獣を討とうと村人を扇動して城に迫ります
ベルが去って気力もうせた野獣は
モーリスの前に抵抗する気力もなく傷ついてゆきます

モーリスに捕らえられていたベルが
チップの助けで小屋を抜け出し森へ戻ったのを見ると
野獣は最後の力を振り絞ってモーリスとの戦いに挑みます

しかし
ベルを愛する気持ちが彼に人間の心を取り戻させました
野獣はモーリスを許しベルの元へ向かいます
そこへモーリスが野獣を殺そうと襲い掛かりますが
モーリスは足を滑らせ屋根から落ちて死んでしまいました

ベルは瀕死の傷を負って崩れ落ちた野獣に走りより
愛していると伝えます

静かに目を開けた野獣は驚いたことに
前足が人間の手に変わるのを目にします
ベルを抱き寄せた王子は召使達が次々と人間の姿に戻るのを
幸せそうに見守ります

真の愛が魔法の呪文を解いたのです

*************************


野獣:
戻ってきたんだね

ベル:
私がもう少し早く戻っていれば

野獣:
これで良かったんだ

ベル:
いや!そんな事いわないで 
私達は一緒よ
全て上手く行くわ

野獣:
最後に君に会うことができた

ベル:
私達の家よ
私達がずっと暮らすところ
私を信じて
私が逃げないって分っているでしょう
今日から
私に必要なものはこれだけ
お話ししなければならないのは・・・
あなたのお陰で私がどんなに変わったか
不思議だわ ついに見つけたの
自分の家を見つけたの
あなたが私の家
私と一緒にいて

ダメ!いや!お願い!私を残してゆかないで!
愛しているわ

[変身]

王子:
ベル 僕の目を見て!
ベル 覚えているかい
人間の中に住みついていた野獣を
君の前にいるこの男は誰だと思う?

ベル:
あなたよ!

************************

Beast:
You came back

Belle:
If only I'd come here sooner

Beast:
Maybe it's better this way

Belle:
No! Don't talk like that.
We're together now.
Everything will be fine

Beast:
At least I get to see you one last time.

Belle:
We are home
We are where we shall be forever
Trust in me
For you know I won't run away
From today
This is all that I need
And all that I need to say is...
Don't you know how you've changed me
Strange how I fin'lly see
I found home
You're my home
Stay with me

No! No, please! Don't leave me!
I love you.

[Transformation]

Prince:
Belle, look into my eyes!
Belle, don't you recognize
The beast within the man
Who's here before you?

Belle:
It is you!



この歌が映画に入ってないのは残念です
ミュージカルの歌とディズニー画像の組合せをこちらから

歌は入っていないのですが美しい画面はこちらから


スポンサーサイト
02/25|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ベルは暖炉の前で野獣に本を読んで聞かせます
長い間本など開いたことのなかった野獣は文字を忘れています
そんな野獣にベルは少しづつ読み方を教えます
道具に変えられた召使達はそれを見て
再び人間の姿に戻れる日が来ることを期待しながら
城の中の掃除を始めます

このシーンはオリジナルにはなく
2002年の特別版に新たに加えられたそうで
何でこんなに素晴らしいシーンを初めから加えなかったのか不思議です

*******************************

ルミエール:
ハハ みんな 僕達が
僕達が待っていた日はもうすぐだ!

ポット夫人:
もしそれが本当なら
ルミエール!

ルミエール:
あ~ また人間にもどれる

ポット夫人:
また人間に

ルミエール:
ということは!

ルミエール:
また料理を作ろう
そして両手に美人の
ハンサムに戻るんだ
僕がまた人間になったら
人間になりさえしたら
姿勢を正して磨きをかけて 輝く魅力いっぱいに
愛をささやこう
シックに決めて大いに楽しもう

ポット夫人:
それでは世の夫達が不安がるでしょうね

ルミエール:
棚の中とはおさらばさ
すぐにもとの自分に戻るんだ
待ちきれないよ

全員:
人間に戻ったら
人間に戻りさえすれば
小間物や何かではなくなるんだ
人間に戻ったら
人間に戻りさえすれば

ワードローブ:
最高じゃない
紅をさして口紅をつけて
そしてこんなに大きくはならないわ
だってそうすれば簡単にあのドアから出られるから
ノウハウは十分
ドレスを着て 髪を結って
人間に戻るのは私の願い

コグスワース:
人間に戻ったら
人間になれさえしたら
世の中がもう一度正常になったら
僕は自分が変わるためにねじを巻き戻そう

ルミエール;
なんだって?それはおかしいな!

コッグスワース:
僕が張り詰めていたらいいのかな?
海の近くの丸太小屋で
お茶でも飲みながら
早めにリタイアするんだ
ロウソク野郎から遠く離れてね
本音を言ってリラックス

全員:
人間に戻るのだから
床のホコリを払いましょう
部屋に光を通して
感じるわ 分るの
誰かが魔法を解いてくれるわ
今すぐにでも

ドアノブを磨き上げて
ホコリの山とホウキも手抜かりないよう注意しよう

もし計画通りにいったら
もうすぐよ
今すぐにでも

扉を開けて新鮮な空気を入れよう

ポット夫人:
これはここにおいて それはあそこに

全員:
悲しみと涙の年月を
掃き集めて
捨て去ろう!

全員:
人間に戻ったら
人間に戻りさえすれば
あの娘が私達を自由にしてくれる
頬に再び赤みが差して
長い間失われていた生きる喜びを
取り戻せると思っている
また楽しく過ごそう
休暇を楽しもう
すぐにそうなるよう祈っているんだ

ちょっと後押しすれば ひと押しすれば
あの二人は恋に落ちる
そして私達は人間に戻るんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「このロミオとジュリエットより哀しいお話は絶対にないわね」
「もう一度読んでもらえるかな?」
「さあ 今度は私に読んでで聞かせてくださらない?」
「う~ん いいよ でもできない…」
「字を習わなかったの?」
「いや 習ったけど 少しだけ…ずっと昔にね」
「それでは さあ 私が教えてあげるわ ここからね」
「オーケー トゥゥ…」
「トゥ」
「トゥ!思い出した!二つの家族…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

また踊るんだ!
クルクルと軽々と踊りまわろう
人間に戻ったら
人間に戻りさえすれば
1・2・3とステップ踏んで
うきうきと
滑るように滑らかに
ワルツを踊ろう
本当の人間のように
昔の自分に戻るんだ
私達がとうとう生まれ変わる
輝かしい朝に
私達はみな人間に戻るんだ!

*************************

Lumiere:
Ha ha, we, my friends.
The day we have waited for may be at hand!

Mrs. Potts:
Oh, only if that were true,
Lumiere!

Lumiere:
Aaah...human again

Mrs. Potts:
Human again

Lumiere:
Yes, think of what that means!

Lumiere:
I'll be cooking again
Be good-looking again
With a mademoiselle on each arm
When I'm human again
Only human again
Poised and polished and gleaming with charm...
I'll be courting again
Chic and sporting again

Mrs. Potts:
Which should cause sev'ral husbands alarm!

Lumiere:
I'll hop down off the shelf
And toute suite be myself
I can't wait to be human again

All:
When we're human again
Only human again
When we're knickknacks and whatnots no more
When we're human again
Only human again

Wardrobe:
Ah, cherie, won't it all be top-drawer
I'll wear lipstick and rouge
And I won't be so huge
Why, I'll easily fit through that door
I'll exude savior-faire
I'll wear gowns! I'll have hair!
It's my prayer to be human again

Cogsworth:
When I'm human again
Only human again
When the world once more making sense
I'll unwind for a change

Lumiere:
Really? That'd be strange!

Cogsworth:
Can I help it if I'm t-t-tense?
In a shack by the sea
I'll sit back sipping tea
Let my early retirement commence
Far from fool made of wax
I'll get down to brass tacks and relax

All:
When I'm human again
So sweep the dust from the floor!
Let's let some light in the room!
I can feel, I can tell
Someone might break the spell
Any day now!

Shine up the brass on the door!
Alert the dustpail and the broom!

If all goes as planned
Our time may be at hand
Any day now!

Open the shutters and let in some air

Mrs. Potts:
Put these here and put those over there

All:
Sweep up the years
Of sadness and tears
And throw them away!

All:
When we're human again
Only human again
When the girl fin'lly sets us all free
Cheeks a-bloomin' again
We're assumin' again
We'll resume our long lost joie de vie
We'll be playin' again
Holiday' again
And we're prayin' it's A-S-A-P

little push, little shove
they could whoosh! fall in love
when we'll finally be human again

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

"There never was a story of more woe
than this of Juliet and her Romeo"
"Could you read it again?"
"Well, here!
Why don't you read it to me?"
"Uh…Alright. I Can't…"
"You mean you never learned?"
"Oh, I learned! A Little…It's just been so long."
"Well, here, I'll help you! Let's start here."
"Okay, twow…"
"Two"
"Two! I knew that! Two housholds…"

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

We'll be dancing again!
We'll be twirling again!
We'll be whirling around with such ease
When we're human again
Only human again
We'll go waltzing those old one-two-threes
We'll be floating again!
We'll be gliding again!
Stepping, striding as fine as you please
Like a real human does
I'll be all that I was
On that glorious morn
When we're fin'lly reborn
And we're all of us human again!



かわいさいっぱいの道具達の姿をこちらから



02/18|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ベルの手厚い看護で傷も癒えた野獣はある夜素晴らしい蔵書を彼女に見せます
ポット夫人と"物"たちはベルが野獣に物語を読んで聞かせるのを見ています
二人が恋に落ちるのを期待して・・・
お城の雰囲気は変わりました
ベルは野獣に以前とは違う優しさと親切な面があるのを知り
一方野獣もベルが自分を好きになってくれるのを望み始めています

**************************

ベル:
何か優しい感じで
思いやりもあるわ
彼は意地悪で粗野で品がなかったけど
今はいとしい人
そう この気持ちは確かだわ
何で前に分らなかったのかしら

野獣:
彼女がこっちを見た
そんな気がした
そして 触れ合った時
彼女は私の手を振り払おうとはしなかった
そんなはずはない
このまま気がつかないふりをしよう
だけどそれから彼女が私を見る様子が
変わってきた

ベル:
新鮮でちょっと驚きだわ
誰がこんなことが起きると考えたかしら?
彼は確かに理想の男性ではないわ
でも今まで分らなかった何かが
彼にあるの

ルミエール:
さあ 誰も思っても見なかった

ポット夫人:
まあ 驚いたわ

コグスワース:
誰かこうなると思っていたかな?

ポット夫人:
本当に 思ってもいなかったわ

ルミエール:
あの二人が一緒にいるなんて誰が想像した?

ポット夫人:
珍しいことだわ 少し様子を見ましょう

ルミエール・コグスワース:
様子を見よう

三人:
あと数日待ってみよう
今までなかった何かがあるかもしれない

コグスワース:
そうだ 多分 今までなかった何かがあるかもしれない

チップ:
何があるの?

ポット夫人:
今までなかった何かよ

チップ:
何があるの ママ?

ポット夫人:
シー 大きくなったら教えてあげるわ
さあ 二人だけにしてあげましょう

**********************

Belle:
There's something sweet
And almost kind
But he was mean and he was coarse and unrefined
And now he's dear
And so I'm sure
I wonder why I didn't see it there before

Beast:
She glanced this way
I thought I saw
And when we touched
she didn't shudder at my paw
No it can't be
I'll just ignore
But then she's never looked at me
that way before

Belle:
New and a bit alarming
Who'd have ever thought that this could be?
True that he's no Prince Charming
But there's something in him
that I simply didn't see

Lumiere:
Well, who'd have thought?

Mrs Potts:
Well, bless my soul

Cogsworth:
Well, who'd have known?

Mrs Potts:
Well, who indeed?

Lumiere:
And who'd have guessed they'd come together on their own?

Mrs Potts:
It's so peculiar. Wait and see

Lumiere and Cogsworth:
We'll wait and see

All three:
A few days more
There may be something there that wasn't there before

Cogsworth:
You know, perhaps there's something there that wasn't there before

Chip:
What?

Mrs. Potts:
There may be something there that wasn't there before

Chip:
What's there, Mama?

Mrs Potts:
Ssh. I'll tell you when you're older.
Come along now. Let's give them some privacy...


野獣の戸惑いと優しさが伝わるシーンをこちらから




02/05|P Q R Sコメント(3)トラックバック(0)TOP↑
食事の後コグワースはベルに城を案内します
迷子になったベルは
壊れた鏡が並ぶ廊下の端に部屋を見つけます
そこにはあるのはガラスの器に入れられたバラの花だけ

そこは野獣の秘密の部屋
バラに手をかけようとしたベルに野獣は怒り怯えさせます
恐ろしさに城から逃げ出したベルは
森で狼の群れに取り囲まれてしまいました
そこに現れた野獣は狼と戦い傷を負ってしまいます
ベルは野獣を城に連れ帰り傷の手当をします

********************

野獣:
俺のゆがんだ顔
優しさのかけらもない

ねじ曲がった体には
安らぎもない 逃れられない
俺の目は真実を見ていない 盲目に等しい

望みもなく
夢は消えて
時は過ぎて行く
愛なんて空しく消えた幻影だ
どうすることも出来ない
許されることもない
心は冷え切って 
この悲しい結末に追い詰められてしまった

どんな美しさも俺の心を動かすことはなく
どんな優しさも俺を変えることはできない
彼女を愛せないのなら この世に生きる力などないに等しい
どんな情熱も俺には届かない
どんな教訓も俺を悟らせることはできない
どうしたら彼女を愛せるのか そして 彼女の愛を得られるのか
もし彼女を愛せないのなら いったい誰を?

もっと前に周りのもの全てに
理解を示すべきだった
無頓着で思いやりがないままに過ごしてしまった

これほどの痛みなんて他にはないだろう
これほど安っぽい人生なんてないだろう
彼女を愛せないのなら 何の意味もない
どんな人も俺の関心を引くことはない
彼女のことを愛せるならば 彼女が俺を自由にしてくれる
だけどそれは無理だろう
もし俺が彼女を愛せなければ
この世のなすがままに身をまかせよう

*************************

Beast:
And in my twisted face
There's not the slightest trace
Of anything that even hints of kindness
And from my tortured shape
No comfort, no escape
I see, but deep within is utter blindness

Hopeless
As my dream dies
As the time flies
Love a lost illusion
Helpless
Unforgiven
Cold and driven
To this sad conclusion

No beauty could move me
No goodness improve me
No power on earth, if I can't love her
No passion could reach me
No lesson could teach me
How I could have love her and made her love me too
If I can't love her, then who?

Long ago I should have seen
All the things I could have been
Careless and unthinking, I moved onward

No pain could be deeper
No life could be cheaper
No point anymore, if I can't love her
No spirit could win me
No hope left within me
Hope I could have loved her and that she'd set me free
But it's not to be
If I can't love her
Let the world be done with me.


ディズニー映画のシーンをこちらから 

よりはっきりと歌を楽しむにはこちら







02/02|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム