上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
「最初に"Guys and Dolls"のライブを聴いて素敵な曲だと思った。
『何でも望みを叶えてあげるよ。でも僕が本当に君に望んでいるのは、君が本当の愛を見つけることだ。』
父親が娘に望むようにね。僕にも8歳の娘がいるから、本当に感動した。

そこでJohnny Mandelがアレンジして、シンプルで美しく仕上がった。心に訴える曲だ。」 by Paul

***************************

ヴェルヴェットを君のコートの襟に
そして運命の女神が
いつも君に微笑むように願おう
でもそれ以上願うことはできない
だから君には自分の愛を見つけてほしい
君自身の本当の愛を この日に

マンション 真っ赤な制服を着た7人の従者がいて
名刺を銀のトレイに乗せて持ってくる
そんな生活をさせてあげよう
でもそれ以上願うことはできない
だから君には自分の愛を見つけてほしい
君自身の本当の愛を この日に

そこに立って
君を見つめている
青春の真っただ中
そこに立って
君を見つめている
愛しげに
そして真心のこもった様子で

若いときは楽しい音楽が
君の周りにあふれますように
君の髪がグレーに変わる頃には知性を
でもそれ以上願うことはできない
だから君には自分の愛を見つけてほしい
君自身の本当の愛を この日に

いとしげに
そして真心のこもった様子で
君を抱きしめる
力強い腕

******************************

Velvet, I can wish you,
For the collar of your coat,
And fortune smiling all along your way,
But more I cannot wish you,
Then to wish you find your love,
Your own true love this day.

Mansions, I can wish you,
Seven footmen all in red,
And calling cards upon a silver tray,
But more I cannot wish you,
Then to wish you find your love,
Your own true love this day.

Standing there,
Gazing at you,
Full of the bloom of youth,
Standing there,
Gazing at you,
With the sheep's eye,
And the look of the truth.

Music, I can wish you,
Merry music while you're young,
And wisdom, when your hair has turned to gray,
But more I cannot wish you,
Then to wish you find your love,
Your own true love this day.

With the sheep's eye,
And the look of the truth,
And the strong arms,
To carry you away






スポンサーサイト
05/29|M N Oコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
そう それはただの紙の月
厚紙の海を渡ってゆく
でも僕の言うことを信じてくれるなら
それは作り物じゃなくなるんだ

そう それはキャンバスに描かれた空
モスリンの木に掛かっている
でも僕の言うことを信じてくれるなら
それは作り物じゃなくなるんだ

君の愛がなければ
それはホンキー・トンクなパレード
君の愛がなければ
それはゲーセンに響きわたる音楽と同じさ

それはサーカスの興行のような
見せかけの世界
でも僕の言うことを信じてくれるなら
本物になるんだ

***********************

Say, it's only a paper moon
Sailing over a cardboard sea
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Yes, it's only a canvas sky
Hanging over a muslin tree
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me

Without your love
It's a honky-tonk parade
Without your love
It's a melody played in a penny arcade

It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be
But it wouldn't be make-believe
If you believed in me





05/12|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
夕暮れが一日の終わりを告げる
ブルーからグレイに色を変える空
西の空に消えてゆくあかね色
夕暮れはいつも僕を
かつて過ごした日々の夢へと導く
そして僕が一番愛するものの思い出へと

夕闇が降り
木々が「もうすぐ一日が終わる」とささやくと
僕の心は家へと向かう
コオロギの鳴き声を聞くと
僕の心はいつでも
もう一度家へ戻りたいと願う

丘が沈み行く太陽を隠し
星が一つひとつ顔を出す
夜の闇が全てを覆い隠すと
たとえ運命の女神が僕を見放しても
優しい夢が僕を家に連れて行ってくれる

*************************************

Evening brings the close of day
Skies of blue begin to grey
Crimson hues are fading in the west
Evening ever brings to me
Dreams of days that used to be
Memories of those I love the best

When shadows fall
And trees whisper, “Day is ending”
My thoughts are ever wending home
When crickets call
My heart is forever yearning
Once more to be returning home

When the hills conceal the setting sun
Stars begin a-peeping, one by one
Night covers all
And though fortune may forsake me
Sweet dreams will ever take me home






05/05|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。