Paul McCartney最新アルバム「New」より

******************************

信じようとしても誰も信じないさ
僕はそんな若い頃を過ごしてきた
何度も苦しみを笑いに変えなくてはならなかった
気が狂わないようにね

頭の先からつま先まで黒づくめの服装で
僕たちはギターを背負って
家で作った曲を
聴いてくれる人を探して
街を歩き回っていた

信じようとしても誰も信じないさ
僕はそんな若い頃を過ごしてきた
何度も苦しみを笑いに変えなくてはならなかった
気が狂わないようにね

町のレコード店の
壁に掛かっている写真のように
髪をワセリンで固めて
店に響く音楽を聴きながら僕たちは運命を信じて
絶対にやめないと決意した

昔の友達のすてきな思い出
望めばいつでもよみがえってくる
君のインスピレーションがこれからもずっと続きますように
何度でも何度でも 君にすばらしいひらめきが浮かびますように  

誰にも思い込みがあるみたいだ
誰がこれをやったとか 誰があれをやったとか
だけど僕としてはそのときそこにいなかった人が
どうして憶えているなんて言えるんだろう

信じようとしても誰も信じないさ
僕はそんな若い頃を過ごしてきた
何度も苦しみを笑いに変えなくてはならなかった
気が狂わないようにね

*********************************

They can’t take it from me if they try
I lived through those early days
So many times I had to change the pain to laughter
Just to keep from getting crazed

Dressed in black from head to toe
Two guitars across our backs
We would walk the city roads
Seeking someone who would listen to the music
That we were writing down at home

But they can’t take it from me if they try
I lived through those early days
So many times I had to change the pain to laughter
Just to keep from getting crazy

Hair slicked back with Vaseline
Like the pictures on the wall
Of the local record shop
Hearing noises we were destined to remember
We willed the thrill to never stop

May sweet memories of friends from the past
Always come to you, when you look for them
And your inspiration, long may it last
May it come to you, time and time again

Now everybody seems to have their own opinion
Who did this and who did that
But as for me I don’t see how they can remember
When they weren’t where it was at

And they can’t take it from me if they try
I lived through those early days
So many times I had to change the pain to laughter
Just to keep from getting crazed
I lived through those early days
I lived through those early days





スポンサーサイト
04/20|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム