El Día Que Me Quieras   from “Tango” – Julio Iglesias

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

君の柔らかな吐息が
僕の夢をやさしく抱く
君の黒い瞳が僕を見つめる時
僕の人生は笑いに満ちることだろう
もし君が僕の逃げ場となるのなら
君の歌うような 楽しげな笑いが
僕の傷をいやしてくれる
「すべて すべて忘れて・・・」

君が僕を愛してくれる日には
飾られているバラも
最高の色合いを身にまとい
宴を彩るだろう
そして鐘は風に告げる
君はもう僕のものだと
噴水は狂ったように
その愛について語る

君が愛してくれる夜は
紺碧の空から
嫉妬深い星たちが
僕たちが通り過ぎるのを眺める
神秘的な一筋の光が
君の髪に宿り
好奇心に満ちたホタルが見届ける・・・
「君は僕に慰めをもたらす人だ」

君が愛してくれる日
全てが調和し
夜明けは明るい光に満ち
泉は湧き立つ
静かなそよ風が
やさしいメロディーを運んでくる
そして僕たちは噴水の
水晶のような歌声を聴く
君が愛してくれる日
小鳥たちは
甘い歌声で歌う
人生は花に満ち溢れ
もう悲しみはない!

君が愛してくれる夜は
紺碧の空から
嫉妬深い星たちが
僕たちが通り過ぎるのを眺める
神秘的な一筋の光が
君の髪に宿り
好奇心に満ちたホタルが見届ける・・・
「君は僕に慰めをもたらす人だ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Acaricia mi ensueño
el suave murmullo de tu suspirar.
Como ríe la vida
si tus ojos negros me quieren mirar.
Y si es mío el amparo
de tu risa leve que es como un cantar,
ella aquieta mi herida,
¡todo todo se olvida! ...

El día que me quieras
la rosa que engalana,
se vestirá de fiesta
con su mejor color.
Y al viento las campanas
dirán que ya eres mía,
y locas las fontanas
se contarán tu amor.

La noche que me quieras
desde el azul del cielo,
las estrellas celosas
nos mirarán pasar.
Y un rayo misterioso
hara nido en tu pelo,
luciérnaga curiosa
que verá ... ¡que eres mi consuelo!...

El día que me quieras
no habrá más que armonías.
Será clara la aurora
y alegre el manantial.
Traerá quieta la brisa
rumor de melodía
y nos darán las fuentes
su canto de cristal.
El día que me quieras
endulzará sus cuerdas
el pájaro cantor,
florecerá la vida
no existirá el dolor!

La noche que me quieras
desde el azul del cielo,
las estrellas celosas
nos mirarán pasar
y un rayo misterioso
hará nido en tu pelo
luciérnaga curiosa
que verá ... ¡que eres mi consuelo!






スポンサーサイト
07/31|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
La Cumparsita  from “Tango” – Julio Iglesias

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし君が今
僕のあの気持ちを
君に対して抱いていた感情を
持ち続けていると知っていれば・・・
君が気が付いているかどうかなんてわからない
僕がまだ君のことを想っていることを
君が過去を振り返るとき
僕のことを想い出してくれるかな・・・


もう友達も訪ねてこない
立ち寄ることさえもない
苦しんでいる僕を
誰も慰めてくれようともしない
君が去った日から
胸が苦しくて
教えてくれ 愛しい人
「いったい僕のあわれな心に何をしたんだ?」


それでも
僕は君を思い続けている
君に抱いていた
神様に対するような神聖な愛情で
君はどこにでもいる
僕の生活の一部なんだ
僕に喜びを与えてくれた君の瞳を
探し続けているけど
見つからない


見捨てられた小さなアパート
朝日さえ
君がいたときのように
窓から顔をのぞかせることはない
君がいなくなってから
子犬も餌を食べず
僕が一人なのを見ると
僕を残して去って行ってしまった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Si supieras,
que aún dentro de mi alma,
conservo aquel cariño
que tuve para ti...
Quién sabe si supieras
que nunca te he olvidado,
volviendo a tu pasado
te acordarás de mí...

Los amigos ya no vienen
ni siquiera a visitarme,
nadie quiere consolarme
en mi aflicción...

Desde el día que te fuiste
siento angustias en mi pecho,
decí, percanta, ¿qué has hecho
de mi pobre corazón?

Sin embargo,
yo siempre te recuerdo
con el cariño santo
que tuve para ti.
Y estás en todas partes,
pedazo de mi vida,
y aquellos ojos que fueron mi alegría
los busco por todas partes
y no los puedo hallar.

Al cotorro abandonado
ya ni el sol de la mañana
asoma por la ventana
como cuando estabas vos,
y aquel perrito compañero,
que por tu ausencia no comía,
al verme solo el otro día
también me dejó...





07/06|J K Lコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム