一日のうちでほんのひと時でも
君のそばから離れるなんてありえない
君がぼくの隣にいないと
世の中が別のものに見える

美しい調べは
君のことを思い起こさせる
君が聴いていないのだったら
僕もそれを聴きたくない

君は僕の心の一部になったのだから
もし君がいなかったら
もう何も僕の安らぎとなるものはない

君の唇から遠く離れて
太陽も星も越えて
遠く離れても 君と一緒に
愛する人よ 僕はいる

君は僕の心の一部になったのだから
もし君がいなかったら
もう何も僕の安らぎとなるものはない

君の唇から遠く離れて
太陽も星も越えて
遠く離れても 君と一緒に
愛する人よ 僕はいる

遠く離れても 君と一緒に
愛する人よ 僕はいる
僕はいる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No existe un momento del día
En que pueda apartarme de ti
El mundo parece distinto
Cuando no estás junto a mí

No hay bella melodía
En que no surjas tú
Ni yo quiero escucharla
Si no la escuchas tú

Es que te has convertido
En parte de mi alma
Ya nada me consuela
Si no estás tú también

Más allá de tus labios
Del sol y las estrellas
Contigo en la distancia
Amada mía, estoy

Y es que te has convertido
En parte de mi alma
Ya nada me consuela
Si no estás tú también

Más allá de tus labios
Del sol y las estrellas
Contigo en la distancia
Amada mía, estoy

Contigo en la distancia
Amada mía, estoy
Estoy






スポンサーサイト
08/29|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
抱きしめて
何も言わずに ただ 抱きしめて
君のまなざしを見れば十分だ
君は行ってしまう

抱きしめて
初めての時のように
昨日と同じように今日も愛してほしい
抱きしめて

もし君が行ってしまえば
忘れてしまうだろう 遠い昔のある日
僕たちが子供のころ 君がぼくを好きになって
そして 僕は人生を君にささげた もし君が行ってしまえば

もし君が行ってしまえば
僕たちのものは何もない 君が一瞬のうちに
そして永遠にすべてを持って行ってしまうから
僕には何も残らない もし君が行ってしまえば

抱きしめて
何も言わずに ただ 抱きしめて
君に去ってほしくない でも よく分かっている
君は行ってしまう

抱きしめて
初めての時のように
昨日と同じように今日も愛してほしい
抱きしめて

もし君が行ってしまえば
僕には静寂だけが話し相手
君のまぼろしと孤独が
僕の友達 もし君が行ってしまえば

もし君が行ってしまえば
時間は止まりこれ以上の時は僕には来ない
毎日君を愛し続けて
君が戻ってくるのを待っている もし君が行ってしまえば

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Abrázame
Y no me digas nada, sólo abrázame
Me basta tu mirada para comprender
que tú te iras

Abrázame
Como si fuera ahora la primera vez
Como si me quisieras hoy igual que ayer
Abrázame

Si tú te vas
Te olvidarás que un día hace tiempo ya
Cuando éramos aun niños me empezaste a amar
Y yo te dí mi vida, si te vas

Si tú te vas
Ya nada será nuestros tú te llevarás
En un solo momento un' eternidad
Me quedaré sin nada, si te vas

Abrázame
Y no me digas nada, sólo abrázame
No quiero que te vayas pero sé muy bien
que tú te irás

Abrázame
como si fuera ahora la primera vez
como si me quisieras hoy igual que ayer
Abrázame...

Si tú te vas
me quedará el silencio para conversar
la sombra de tu cuerpo y la soledad
serán mis compañeros, si te vas

Si tú te vas
Se irá contigo el tiempo y mi mejor edad
Te seguiré queriendo cada día más
Esperaré a que vuelvas, si te vas



08/18|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
首の差で

ゴールを目の前にペースを落とし
首の差で負けた血筋の良い春駒が
レースを終えて言っているように見える
このことを忘れるなよ 兄弟
ギャンブルはやってはいけないってこと
分かっているだろう

首の差で負けた
ちょっと色っぽく陽気な女との
激しい恋の日
微笑みながら偽りの愛を誓い
俺の愛を燃えさかる炎で焼き尽くす

首の差で負けた
愚かさのすべてを
彼女の唇が忘れさせてくれ
苦しみを和らげてくれる

首の差で負けた
もし彼女が俺のことを忘れるのなら
俺の命を千回失ってもかまわない
“何のために生きているんだ”   

ほんのわずかの首の差のために
どれだけ失望したことか
もう繰り返さないと
何度も誓いをたてた
それでも通りすがりの視線が
心に深く突き刺さると
彼女の燃える唇に
もう一度キスしたいと思う

もうレースは十分だ
賭け事はやめる
タフなレースの結果だって二度と見に行かない
だけどもしよい馬が
日曜のレースの本命馬になったら
俺はすべてを賭ける
“まったく俺は何をしようとしているんだ!”

首の差で負けた
愚かさのすべてを
彼女の唇が忘れさせてくれ
苦しみを和らげてくれる

首の差で負けた
もし彼女が俺のことを忘れるのなら
俺の命を千回失ってもかまわない
“何のために生きているんだ” 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Por una cabeza
De un noble potrillo
Que justo en la raya
Afloja al llegar
Y que al regresar
Parece decir
No olvides, hermano
Vos sabes no hay que jugar

Por una cabeza
Metejón de un día
De aquella coqueta
Y risueña mujer
Que al jurar sonriendo
El amor que está mintiendo
Quema en una hoguera
Todo mi querer

Por una cabeza
Todas las locuras
Su boca que besa
Borra la tristeza
Calma la amargura
Por una cabeza
Si ella me olvida
Qué importa perderme
Mil veces la vida
¿Para qué vivir?

Cuantos desengaños
Por una cabeza
Yo jure mil veces
No vuelvo a insistir
Pero si un mirar
Me hiere al pasar
Su boca de fuego
Otra vez quiero besar

Basta de carrera
Se acabo la timba
Un final reñido
Yo no vuelvo a ver
Pero si algún pingo
Llega a ser fija el domingo
Yo me juego entero
¡Qué le voy a hacer!

Por una cabeza
Todas las locuras
Su boca que besa
Borra la tristeza
Calma la amargura

Por una cabeza
Si ella me olvida
Qué importa perderme
Mil veces la vida
¿Para qué vivir?




08/11|P Q R Sコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
心浮きたつ約束のようだ 君は 君は
夏の朝のようで
微笑みのよう 君は 君は
そう そうなんだ 君は

僕の希望のすべて 君は 君は
僕の手に降りそそぐ心地よい雨のよう
時には強く吹くそよ風のよう 君は 君は
そう そうなんだ 君は

君は僕を潤す泉の水のよう
君は僕の家のぬくもり
君は僕を暖めてくれる焚火の火のよう
(そんな君だ)
(焚火の火のようだ)
君は僕が食べるパンになる小麦
(そんな君だ)
(愛しい人よ それが君なんだ)

僕の詩のような 君は 君は
夜に響くギターの音色のような
僕の視線の届くすべて 君は 君は
そう そうなんだ 君は

君は僕を潤す泉の水のよう
(そんな君だ)
君は僕の家のぬくもり
君は僕を暖めてくれる焚火の火のよう
(焚火の火のようだ)
君は僕が食べるパンになる小麦
(そんな君だ)
(愛しい人よ それが君なんだ)

君は僕を潤す泉の水のよう
君は僕の家のぬくもり
僕の家のぬくもり
僕の家のぬくもり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Como una promesa, eres tú, eres tú
Como una mañana de verano
Como una sonrisa, eres tú, eres tú
Así, así eres tú

Toda mi esperanza, eres tú, eres tú
Como lluvia fresca en mis manos
Como fuerte brisa, eres tú, eres tú
Así, así eres tú

Eres tú como el agua de mi fuente
Eres tú el fuego de mi hogar
Eres tú como el fuego de mi hoguera (algo así eres tú)
(Algo así como el fuego de mi hoguera)
Eres tú el trigo de mi pan (algo así eres tú)
(En mi vida algo así eres tú)

Como mi poema, eres tú, eres tú
Como una guitarra en la noche
Todo mi horizonte eres tú, eres tú
Así, así eres tú

Eres tú como el agua de mi fuente (algo así eres tú)
Eres tú el fuego de mi hogar
Eres tú como el fuego de mi hoguera
(Algo así como el fuego de mi hoguera)
Eres tú el trigo de mi pan (algo así eres tú)
(En mi vida algo así eres tú)

Eres tú como el agua de mi fuente
Eres tú el fuego de mi hogar
El fuego de mi hogar
El fuego de mi hogar






08/05|D E Fコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム