上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
1970年2月にビルボード1位になりそのまま6週間トップをキープした
この曲のレコーディング中、隠れていた軋轢が表に出て
結局アルバム完成後グループは解散した
ポール・サイモンはアート・ガーファンクルにソロで歌うよう主張したことを悔やんでいる
結果、ガーファンクルに注目が集まり、サイモンは二次的な立場に退いた形になった
ガーファンクルは初めからこの曲は自分向きではないと考えて
リード・ヴォーカルを希望していたわけでなかった
彼はサイモンが歌ったほうが良いと考えていたようだ
近年の"Old friends'" tourでは二人で交互にヴォーカルをつとめている

サイモンが1969年に曲をかき始めたときは2節の詞からなるピアノ曲だった
しかしガーファンクルとプロデューサーの
3節の詞と最後に向けての盛り上がりが必要
という考えに基づいてポールは3節目の詞を書いた

ポール - 「3節目の詞は当時付き合っていたペギーのことなんだ 
        『帆を揚げて / 進むんだ シルバー・ガール / 君が輝く時が来た』
        この部分はまったくのジョークさ
        ある時彼女が白髪を見つけて騒いでいたのを思い出して書いたのさ・・・」

なんだか拍子抜けする

******************************

疲れ果てて
自分が取るに足らない人間だと感じるような時
涙があふれそうな時
僕が拭いてあげよう

僕は君の味方だよ
難しい時代になって
友達もなかなか見つからない時
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
僕が体を横たえよう
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
僕が体を横たえよう

君が落ちぶれて
路上をさ迷い
夕闇がつらく迫ってきたら
僕がなぐさめてあげよう

僕が君の代わりになろう
暗闇の中で
苦しみに満ちている時
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
僕が体を横たえよう
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
僕が体を横たえよう

帆を揚げて
進むんだ シルバー・ガール
君が輝く時が来た
君の夢は行く手に広がっている

君の夢がどんなに輝かしいものか見てごらん
友達が必要なら
僕がすぐ後にいる
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
君の心を和らげてあげよう
苦難に満ちた行く手にかかる橋のように
君の心を和らげてあげよう

***********************

When you're weary
Feeling small
When tears are in your eyes
I will dry them all

I'm on your side
When times get rough
And friends just can't be found
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

When you're down and out
When you're on the street
When evening falls so hard
I will comfort you

I'll take your part
When darkness comes
And pain is all around
Like a bridge over troubled water
I will lay me down
Like a bridge over troubled water
I will lay me down

Sail on Silver Girl,
Sail on by
Your time has come to shine

All your dreams are on their way

See how they shine
If you need a friend
I'm sailing right behind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind
Like a bridge over troubled water
I will ease your mind


Simon & Garfunkelはこちらから

Elvis Presley ラスヴェガスのライブもどうぞ


スポンサーサイト

08/02|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。