印象的な音楽 一度聴いたら忘れられないような音楽
フランシスス・レイの曲に
映画にもアヌーク・エーメの夫役で出演していた
ボサノバ歌手 ピエール・バルーが これまた印象的な詩をつけた

何度も出てくる" Comme nos voix - 私たちの声のように"と言うフレーズは
ジャン・ルイ・トランティニヤンとアヌーク・エーメの間で交わされる会話を
思い出させるような・・・

映画自体もドキュメンタリーのような 会話もごくごく自然な
演技を感じさせない流れが全体を包んで展開してゆく

何より最後がいい
その少し前にホテルでの食事シーン
ステーキのみしか注文しない二人
「悪いみたいね」と言う彼女に
「ギャルソン!」と呼ぶ彼
あわててとんで来たギャルソンに「部屋はある?」

結果亡き夫の思い出から自分自身を解き放てない彼女
二人は別々にパリに戻る
あの電車が直通だったら
二人は二度と会わなかったかもしれない
多分ルーアンで乗換えだろう
サン・ラザール駅の階段を駆け上がる彼
降りてくる人をかき分けて進む彼の背中
そしてホームでの再会

****************************

Un Homme et Une Femme - 男と女    

私たちの声が
低くささやきあうように 
心は感じとる
運命のように 望んでいたように

私たちの声のように
心は信じている
もう一度
全てが始まるのを 人生がまた動き始めるのを

喜びがあり たくさんのドラマがある
そして 長い物語が
男と女が 偶然という糸を紡ぐ物語

私たちの声のように
心は知っている
もう一度
運命のように 望んでいたように

私たちの声のように
心は喜びに満ちて 
選び取る 
通り過ぎるロマンスを
通り過ぎる運命を

二人の運命
あなたと私
あなたと私
あなたと私
あなたと私

****************************************

Comme nos voix (badabada dabadabada) 
Chantent tout bas (badabada dabadabada) 
Nos coeurs y voient (badabada dabadabada) 
Comme une chance, comme un espoir 

Comme nos voix (badabada dabadabada)
Nos coeurs y croient (badabada dabadabada)
Encore une fois (badabada dabadabada)
Tout recommence, la vie repart 

Combien de joies, bien des drames
Et voila, c'est une longue histoire
Un homme, une femme ont forges la trame du hasard

Comme nos voix (badabada dabadabada)
Nos coeurs y voient (badabada dabadabada)
Encore une fois (badabada dabadabada)
Comme une chance, comme un espoir

Comme nos voix (badabada dabadabada)
Nos coeurs en joie (badabada dabadabada)
Ont fait le choix (badabada dabadabada)
D'une romance qui passait la
Chance qui passait là

Chance pour toi et moi ba da ba da da ba da ba da
Toi et moi ba da ba da da ba da ba da
Toi et moi ba da ba da da ba da ba da
Toi et moi ba da ba da da ba da ba da
Toi et moi.




やはりスキャットだけの方がいいのかも・・・Voilà
ドーヴィルへ行きたくなった
スポンサーサイト

11/22|T U Vコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
初めまして。
初めまして。

訳詞 …

感動しました…

From: ロキュータス * 2011/07/01 19:06 * URL * [Edit] *  top↑
Re: 初めまして。
感動していただけたなんて・・・
励みになります
From: pjol * 2011/07/05 01:21 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして
はじめまして こんばんは
「男と女」 続編を含めしつこく観てました

訳詞を探していましたので とびあがるぐらい嬉しかったのです
素晴らしいですね~
今の日本の状況にも重なる部分もあるようで…

拙ブログに 歌詞の転載をお許しいただけますか?

お返事 気長にお待ちさせてください

では 失礼します
From: タフタ * 2011/07/23 00:46 * URL * [Edit] *  top↑
Re: はじめまして
こんばんわ

嬉しいコメントありがとうございます。
> 拙ブログに 歌詞の転載をお許しいただけますか?
どうぞお使い下さい。

From: pjol * 2011/07/24 00:29 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム