上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
かつて見られた夢が
寄り集まる場所
そんな所からさほど遠くない
古びた街のバー

夜の闇の安らぎの場へと
時代遅れのネオンの光が
見知らぬ人たちを誘い
引き寄せる

雪が降り続き
ネオンは手招きする
音楽が静かに流れる
クリスマスイブの夜

こんな場所に潜む危険も
他人同士 
夜の闇に包まれると
いとも容易く信じてしまうのです

その時ドアが大きく開いて
子供が入ってきました
バーにいる誰もが
こんな場所で子供なんか見たことがありません

彼は訊ねました
降り積もる雪の中に
道に迷った人が
立っているのを知っているかと

そこでバーテンダーが
立ち込める煙の向こう
冷たく凍った窓の外に立つ
街角の街灯に目をやると

壊れた公衆電話のそばに
その子供が話した少女が
家に帰れなくなって
一人で立っていました

雪は降り続き
ネオンが手招きしている
バーテンダーは振り向いて
「オレには関係ないね」
でも 「お前は何であの子が迷子だと分るんだ?」
「もし家に帰れるなら
あんなところにいるわけないだろう」と子供は答えました

そこでバーテンダーはカウンターの後ろから出て
今まで一度も行ったこともないほど遠くまで足を延ばしたのです
その時彼は誰にも見られないように
キャッシュレジスターにあったお金を全て取り出しました

彼は子供を追って通りを渡り少女のところへ行きました
バーの客は彼が少女と話しをするのを見ていると
彼はタクシーを止めてJ.F.K.空港までと告げました
そして少女をのせたタクシーは走り去ってゆきました
彼の手にあったお金は
みんななくなっていたのです
少女が願いをかけた光からお金は消えていました

もし望むなら
世界を変えることもできます
もし何とかしてこのクリスマスの気持ちを
持ち続けることが出来るなら

お隣さんを助けることで
知らない人に手を差し伸べることで

誰が助けを必要としているのか
ちょっと声を掛ければいいこと

それからバーテンダーは子供を捜しました
しかし 子供の姿はありません
ただ雪と風が
夢のワルツを踊っているだけ

彼がバーに戻ると
何か今までとは違う感じがしたのです
その夜はその後
誰も酒代を払いませんでした 

皮肉屋はこう言うでしょう
彼らが隠れ家にしている世界に
そこいらの子供が
ふらっと物乞いに来たんだと

だけど彼らはそこにいなかったから
見てはいないのです
古びたネオンの星のそばで
あのクリスマスイブの夜に

雪が降り続き
ネオンは手招きする
もし君が不思議に思うなら
心に留めるなら

何故僕達だけだったんだろう
家には戻らずに
あの特別な夜に
僕達はそこにいたんだ

そして突然 あの夜
彼ははっきりと分ったのです
長い間捜し求めていた答えは
いつでもすぐそばにあったということを

それは見返りを求めないで差し出された
プレゼント
それは私達が示す優しさ
小さな行いの一つひとつなのです

**********************Old City Bar

In an old city bar
That is never too far
From the places that gather
The dreams that have been

In the safety of night
With its old neon light
It beckons to strangers
And they always come in

And the snow it was falling
The neon was calling
The music was low
And the night
Christmas Eve

And here was the danger
That even with strangers
Inside of this night
It's easier to believe

Then the door opened wide
And a child came inside
That no one in the bar
Had seen there before

And he asked did we know
That outside in the snow
That someone was lost
Standing outside our door

Then the bartender gazed
Through the smoke and the haze
Through the window and ice
To a corner streetlight

Where standing alone
By a broken pay phone
Was a girl the child said
Could no longer get home

And the snow it was falling
The neon was calling
The bartender turned
And said , not that I care
But how would you know this?
The child said I've noticed
If one could be home
They'd be all ready there

Then the bartender came out from behind the bar
And in all of his life he was never that far
And he did something else that he thought no one saw
When he took all the cash from the register draw

Then he followed the child to the girl cross the street
And we watched from the bar as they started to speak
Then he called for a cab and he said J.F.K.
Put the girl in the cab and the cab drove away
And we saw in his hand
That the cash was all gone
From the light that she had wished upon

If you want to arrange it
This world you can change it
If we could somehow make this
Christmas thing last

By helping a neighbor
Or even a stranger

And to know who needs help
You need only just ask

Then he looked for the child
But the child wasn't there
Just the wind and the snow
Waltzing dreams through the air

So he walked back inside
Somehow different I think
For the rest of the night
No one paid for a drink

And the cynics will say
That some neighborhood kid
Wandered in on some bums
In the world where they hid

But they weren't there
So they couldn't see
By an old neon star
On that, night, Christmas Eve

When the snow it was falling
The neon was calling
And in case you should wonder
In case you should care

Why we're on our own
Never went home
On that night of all nights
We were already there

Then all at once inside that night
He saw it all so clear
The answer that he sought so long
Had always been so near

It's every gift that someone gives
Expecting nothing back
It's every kindness that we do
Each simple little act


2010年のライブをこちらから

スポンサーサイト

12/07|Trans Siberian Orchestra - Christmas Eve and Other Stories 1996コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。