昔々、遠い国の
美しいお城に王子様が住んでいました
彼は欲しいものは何でも手に入れることが出来ましたが
甘やかされて育ったのでわがままで冷たい性格でした

ある冬の夜
年老いた女の物乞いがやって来て
一本のバラの花を差し出し
厳しい寒さをやり過ごすための宿を求めました
王子は物乞いの薄汚い姿を不愉快に思い
バラの花を見て鼻であざ笑い
物乞いを追い払おうとしました

しかし、物乞いは王子に外見に騙されてはいけない
美しさというものは人の内にあるのだからと忠告しました

王子が再び物乞いを追い払おうとしたとき
年老いて醜い女の物乞いは
美しい魔女に姿を変えていました

王子は謝ろうとしましたがもう遅すぎました
魔女は王子の心の中に愛のかけらもないことを見てしまったからです
そして罰として
王子を見るも恐ろしい野獣の姿に変え
城とそこに住む人すべてに
強力な魔法をかけてしまいました

王子はその怪物のような姿を恥じて
城に閉じこもってしまい
外の世界を知る唯一の手段は魔法の鏡だけとなりました

魔女が差し出したバラは
本当に美しい花で
王子の21歳の誕生日まで咲き続けます
もし王子がこのバラの最後の花びらが落ちる前に
人を愛することを知り
愛されるようになったら
その時魔法が解けるのです
もしダメだったら・・・そのときは王子はそのまま一生
野獣の姿でいなければならないのです

年が過ぎて
望みももてなくなり王子は落胆していました
誰が野獣なんか愛してくれるのでしょうか?

**************************

Once upon a time, in a faraway land
A young Prince lived in a shining castle
Although he had everything his heart desired
The Prince was spoiled, selfish, and unkind

But then, one winter's night
An old beggar woman came to the castle
And offered him a single Rose
In return for shelter from the bitter cold
Repulsed by her haggard appearance
The Prince sneered at the gift
And turned the old woman away

But she warned him not to be deceived by appearances
For Beauty is found within

And when he dismissed her again
The old woman's ugliness melted away
To reveal a beautiful Enchantress

The Prince tried to apologize, but it was too late
For she had seen that there was no love in his heart
And as punishment
She transformed him into a hideous beast
And placed a powerful spell on the castle
And all who lived there

Ashamed of his monstrous form
The beast concealed himself inside his castle
With a magic mirror as his only window to the outside world

The Rose she had offered
Was truly an enchanted rose
Which would bloom until his 21st year
If he could learn to love another
And earn her love in return
By the time the last petal fell
Then the spell would be broken
If not, he would be doomed to remain a beast
For all time

As the years passed
He fell into despair, and lost all hope
For who could ever learn to love...a Beast?

ステンドグラスの絵本のような画面をこちらからお楽しみに下さい
スポンサーサイト

01/23|A B Cコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム