食事の後コグワースはベルに城を案内します
迷子になったベルは
壊れた鏡が並ぶ廊下の端に部屋を見つけます
そこにはあるのはガラスの器に入れられたバラの花だけ

そこは野獣の秘密の部屋
バラに手をかけようとしたベルに野獣は怒り怯えさせます
恐ろしさに城から逃げ出したベルは
森で狼の群れに取り囲まれてしまいました
そこに現れた野獣は狼と戦い傷を負ってしまいます
ベルは野獣を城に連れ帰り傷の手当をします

********************

野獣:
俺のゆがんだ顔
優しさのかけらもない

ねじ曲がった体には
安らぎもない 逃れられない
俺の目は真実を見ていない 盲目に等しい

望みもなく
夢は消えて
時は過ぎて行く
愛なんて空しく消えた幻影だ
どうすることも出来ない
許されることもない
心は冷え切って 
この悲しい結末に追い詰められてしまった

どんな美しさも俺の心を動かすことはなく
どんな優しさも俺を変えることはできない
彼女を愛せないのなら この世に生きる力などないに等しい
どんな情熱も俺には届かない
どんな教訓も俺を悟らせることはできない
どうしたら彼女を愛せるのか そして 彼女の愛を得られるのか
もし彼女を愛せないのなら いったい誰を?

もっと前に周りのもの全てに
理解を示すべきだった
無頓着で思いやりがないままに過ごしてしまった

これほどの痛みなんて他にはないだろう
これほど安っぽい人生なんてないだろう
彼女を愛せないのなら 何の意味もない
どんな人も俺の関心を引くことはない
彼女のことを愛せるならば 彼女が俺を自由にしてくれる
だけどそれは無理だろう
もし俺が彼女を愛せなければ
この世のなすがままに身をまかせよう

*************************

Beast:
And in my twisted face
There's not the slightest trace
Of anything that even hints of kindness
And from my tortured shape
No comfort, no escape
I see, but deep within is utter blindness

Hopeless
As my dream dies
As the time flies
Love a lost illusion
Helpless
Unforgiven
Cold and driven
To this sad conclusion

No beauty could move me
No goodness improve me
No power on earth, if I can't love her
No passion could reach me
No lesson could teach me
How I could have love her and made her love me too
If I can't love her, then who?

Long ago I should have seen
All the things I could have been
Careless and unthinking, I moved onward

No pain could be deeper
No life could be cheaper
No point anymore, if I can't love her
No spirit could win me
No hope left within me
Hope I could have loved her and that she'd set me free
But it's not to be
If I can't love her
Let the world be done with me.


ディズニー映画のシーンをこちらから 

よりはっきりと歌を楽しむにはこちら






スポンサーサイト

02/02|G H Iコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム