上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
カジモドは大車から解き放たれる
カジモド・フロロ・フェビュスはそれぞれのエスメラルダに対する想いを歌う
カジモドは募る愛を
フロロは聖職にありながらエスメラルダに魂を奪われる己の心の動揺を
フェビュスはフルール・ド・リスと結婚する前にエスメラルダと関係を持ちたいと・・・

************************

カジモド:
ベル
この言葉は彼女のためのもの
(俺たちが口にするこの言葉は彼女のために作られた)
彼女が踊りその体を光の中にさらす時
それはまるで鳥が羽を広げて飛び立つ姿のようだ
俺の足元で地獄の扉が開くのを感じる

俺の目は彼女の服の下にくぎ付けになる
聖母マリアに祈りを捧げるのが何の役に立つ?
彼女を非難するヤツは誰だ?
そんなヤツはこの世で生きる資格なんてない

オー ルシファーよ
一度だけ許してくれ
エスメラルダの髪に触れるの

フロロ:
ベル
彼女は私の目を神からそらすためにやってきた
悪魔の化身か?
私の内に情欲的な欲望をうえつけ
神に向かう心を妨げようとするのか

彼女の内には原罪が宿っている
彼女への欲望は罪にるのか?
卑しい女、売春婦と見下げてきた女が
急に人間としての試練をもたらした

おぉ 聖母マリアよ
一度だけ許してほしい
エスメラルダの楽園への扉を開くことを

フェビュス:
ベル
黒い大きな瞳が人々を虜にしても
それでも彼女は清らかな娘なのか?
彼女の身のこなしは僕に
虹色のペチコートにかくれた手に入らない望みを抱かせる

恋人よ あなたを婚姻の祭壇に導く前に
不実を許して欲しい
たとえ塩の像に変えられようとも
彼女から視線をそらすことはできない男を

フルール・ド・リスよ
僕は誠実な男ではない
エスメラルダという花を摘みに行く

三人で:
ベル
この言葉は彼女のためのもの
彼女が踊りその体を光の中にさらす時
それはまるで鳥が羽を広げて飛び立つ姿のようだ
俺の足元で地獄の扉が開くのを感じる

俺の目は彼女の服の下にくぎ付けになる
聖母マリアに祈りを捧げるのが何の役に立つ?
彼女を非難するヤツは誰だ?
そんなヤツはこの世で生きる資格なんてない

オー ルシファーよ
一度だけ許してくれ
エスメラルダの髪に触れるのを

**************************

Quasimodo:
Belle
C'est un mot qu'on dirait inventé pour elle
Quand elle danse et qu'elle met son corps à jour, tel
Un oiseau qui étend ses ailes pour s'envoler
Alors, je sens l'enfer s'ouvrir sous mes pieds

J'ai posé mes yeux sous sa robe de gitane
À quoi me sert encore de prier Notre-Dame?
Quel est celui qui lui jettera la première pierre?
Celui-là ne mérite pas d'être sur terre

Ô Lucifer!
Oh, laisse-moi rien qu'une fois
Glisser mes doigts dans les cheveux d'Esmeralda

Frollo:
Belle
Est-ce le diable qui s'est incarné en elle
Pour détourner mes yeux du Dieu éternel?
Qui a mis dans mon être ce désir charnel
Pour m'empêcher de regarder vers le Ciel?

Elle porte en elle le péché originel
La désirer fait-il de moi un criminel?
Celle qu'on prenait pour une fille de joie, une fille de rien
Semble soudain porter la croix du genre humain

Ô Notre Dame!
Oh, laisse-moi rien qu'ine fois
Pousser la porte du jardin d'Esmeralda

Phoebus:
Belle
Malgré ses yeux noires qui vous ensorcellent
La demoiselle serait-elle encore pucelle?
Quand ses mouvements me font voir monts et merveilles
Sous son jupon aux couleurs de l'arc-en-ciel

Me dulcinée, laissez-moi vous être infidèle
Avant de vous avoir menée jusqu'à l'autel
Quel est l'homme qui détournerait son regard d'elle
Sous peine d'être changé en statue de sel

Ô Fleur-de-Lys
Je ne suis pas un homme de foi
J'irai cueillir la fleur d'amour d'Esmeralda

Les trois:
J'ai posé mes yeux sous sa robe de gitane
À quoi me sert encore de prier Notre-Dame?
Quel est celui qui lui jettera la première pierre?
Celui-là ne mérite pas d'être sur terre

Ô Lucifer!
Oh, laisse-moi rien qu'une fois
Glisser mes doigts dans les cheveux d'Esmeralda
Esmeralda





ガルーのコンサートから カジモドの衣装なしのガルーは素敵な人です



スポンサーサイト

06/23|Notre Dame de Parisコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。