上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
グランゴワールはカテドラルが静かなのに気がつく
フロロはカジモドが3日も鐘を鳴らさないという

鐘楼ではカジモドが唯一の友である「鐘」について
彼がそれらをどんなに愛しているか語る
特に三つのマリアについて・・・
「小さなマリア」は子供の葬式の時に鳴らす鐘
「大きなマリア」は船が出るとき
「偉大なマリア」は結婚式に

カジモドの望みはエスメラルダが彼の心を知った時にその鐘を鳴らすこと

*********************************** 

グランゴワール:

鐘はもうならない
カテドラルは静まり返っている
不幸せなカジモド
カジモドは恋をしている

フロロ:

鐘が三日間も
鳴っていない
カジモドが悲しみにくれている
カジモドは気がふれてしまった

グランゴワールとフロロ:

何故なら 彼は死ぬほど恋している

カジモド:

俺が打ち鳴らす鐘を
俺は愛している 俺の恋人
高々と鳴り響き
打ち鳴らし告げよ そして 歌え

雹が降ろうが 雷が鳴ろうが
雨の日も 風の日も
鳴り響いて欲しい
喜びにあふれている時も 悲しみに包まれる時も

鐘は鳴り響く
生まれる時 死ぬ時
毎日 毎晩 いつでも
祈りのとき
涙にくれるとき
早起きの人のために

枝の主日に(復活祭直前の日曜日)
カジモドのために
クリスマスに 万聖節に

お告げの祝日に
キリストの復活に
聖バレンチノに 聖金曜日に

ミサのために
厳かな行列のために
最も美しいのは聖体大祝日の行列

元日 公現祭
イースター 喜びの日
聖霊降臨祭と炎の舌

堅信礼のために
聖餐式のために
アンジェラス 弔いの鐘 怒りの日 その日は

昇天祭の日
聖母被昇天の祝日
ホサナ ハレルヤ

これら鉄の女性たちの中で
俺のお気に入りは
この三つのマリア
それらは俺の一番の友達

この小さなマリア
これはなくなった子供のための鐘
大きなマリアは
海に出る船乗りのために

この一番大きなマリアは
結婚する恋人達のために鳴らす鐘
楽しい気持ちなどなく
むしろ死んでしまいたい

楽しそうな二人を見て
幸せそうな二人を見て
誰一人まともに俺の顔を見る女はいない

二人の結婚を思い浮かべ
大空の星の間に
二人が去って行くのを思う

俺が打ち鳴らす全ての鐘
主よ 憐れめよ
ホサナ ハレルヤ 怒りの日 その日は

禍の鐘
幸せの鐘
どれも俺のためには鳴らしたことがない

俺が鳴らす鐘は
俺の友達 恋人
エスメラルダが生きているなら
高々と鳴り響け

カジモドはエスメラルダを愛していると世間に伝えるために

********************************************

Gringoire:

Les cloches ne sonnent plus
La cathédrale s'est tue
Quasimodo est malheureux
Quasimodo est amoureux

Frollo:

Il fait la grève des cloches
Depuis déjà trois jours
Quasimodo est triste
Quasimodo est fou

Les deux:

Parce qu'il se meurt d'amour

Quasimodo:

Les cloches que je sonne
Sont mes amours, sont mes amantes
Je veux qu'elles claironnent,
Qu'elles tambourinent et qu'elles chantent

Qu'il grêle ou qu'il tonne
Ou qu'il pleuve ou qu'il vente
Je veux qu'elles résonnent
Dans la joie comme dans la tourmente

Celles qui sonnent quand on naît
Celles qui sonnent quand on meurt
Celles qui sonnent tous les jours toutes les nuits, toutes les heures
Celles qui sonnent quand on prie
Celles qui sonnent quand on pleure
Celles qui sonnent pour le peuple qui se lève de bonne heure

Pour la fête des Rameaux
Pour la Quasimodo
Pour le jour de Noël et le jour de la Toussaint

Pour l'Annonciation
Pour la Résurrection
Pour la St-Valentin et pour le Vendredi Saint

Pour les célébrations
Et pour les processions
La plus belle c'est celle qu'on appelle la Fête Dieu

Jour de l'an, jour des rois
Jour de Pâques, jour de joie
Jour de la Pentecôte avec ses langues de feu

Pour les confirmations
Et pour les communions
L'Angélus et le glas, dies irae dies illa (怒りの日 その日は)

Le jour de l'Ascension
Le jour de l'Assomption
Pour tous les hosannas et tous les alléluias

Mais celle que je préfère
Parmi toutes ces femmes de fer
Ce sont les trois Maries
Qui sont mes meilleures amies

Il y a la petite Marie
Pour les enfants qu'on met en terre
Il y a la grande Marie
Pour les marins qui partent en mer

Mais quand je sonne la grosse Marie
Pour les amants qui se marient
C'est pas que j'ai le cœur à rire
Je l'aurais plutôt à mourir

De les voir si joyeux
De les voir si heureux
Moi qu'aucune femme ne regardera jamais dans les yeux

De les voir convoler
De les voir s'envoler
Au milieu des étoiles sous la voûte des cieux

Toutes les cloches que je sonne
Kyrie Eleison
Hosanna alléluia dies irae dies illa

Toutes ces cloches de malheur
Toutes ces cloches de bonheur
Toutes ces cloches qui n'ont jamais encore sonné pour moi

Les cloches que je sonne
Sont mes amies, sont mes amantes
Je veux qu'elles claironnent
Si Esmeralda est vivante

Pour dire au monde que Quasimodo aime Esmeralda





スポンサーサイト

08/14|Notre Dame de Parisコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
tourmente か tourment か?
そちらのページを見ながら、このミュージカルを勉強させていただいています。

今回、不思議に思ったのは

Je veux qu'elles résonnent
Dans la joie comme dans la tourmente

のところです。

原文だとla tourmenteなので、「喜びの時にも嵐のときにも」になるような気がするのですが、もし、le tourment ならば。「喜びの時にも苦しみの時にも」となって、こちらのほうが座りが良いような。作詞者はどこを狙ったのでしょうか。悩みどころであります。
From: Khun Ta * 2016/09/14 17:04 * URL * [Edit] *  top↑
Re: tourmente か tourment か?
ご指摘ありがとうございます。
確かに「悲しみに包まれる時」という訳は間違っています。言い訳になりますがかなり以前のことなのでどういう経緯でこのように訳してしまったのか覚えていません。申し訳ありません。
Khun Taさんの仰る通り、「嵐の時も」が正しいと思います。
気になってスペイン語、英語も調べてみたら「苦しみの時」となっています。
ただ、あくまで原語はla tourmenteなので「嵐の時も」です。私もle tourmentの方がいいような気がします。
From: pjol * 2016/09/15 00:29 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。