上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
宇宙の何処か

天上界とクリスマスイブの夜を迎えた地上の間で

天使が星に腰掛けて

深く考え込んでいました

もう一度地球に戻って
全ての人類へ
たった一つの贈り物を残すよう
使命を受けたのでした

しかしこの贈り物は
天上から持ってゆくことはできません
何も持って行かずに
何が残せるのでしょうか

これはまったく困った問題です
天使はどうしたらよいのか分かりません
そのとき天使は心の奥深くまで届く
子供の祈りを感じ取りました

天使に残された時間は限られています
一年のうちのこのひと晩だけなのです
彼はこの子供の願いを無視することはできませんでした
そして彼はここから始めることにしました

今夜はクリスマスイブ
夢があちこちに満ちています
天使は遠い地球のどこかで
その子が疑いはじめてるのを感じ取りました

ぐっすりと眠っているはずの子供
その子供が屋根裏部屋へと上って行きます
一本のろうそくを手にして
クリスマスの祈りを唱えながら

人が天使に呼びかけても
天使はめったに現れません
姿は現さないけれど しかし
天使は彼らの耳元でやさしくささやきます

雪がきらきら輝く夜
天使が子供にささやくと
チャンスはさらに大きくなります
その子供の心に天使のささやきが聞こえるからです

幻が住むこの部屋
そして 時が許しを与えることを悟り損ねた幽霊たち
いらっしゃい 皆さん しばらくここでお過ごしください
私たちの物語は一人の小さなこどものお話から始まります
今夜その子は 暗い屋根裏部屋で過ごしています
そこには眠っているときの心のように夢がいっぱいつまっています

さあ なぜこの子がここにいるかって?
誰もが眠りについているもうすぐクリスマスのこの時に
彼女は真実を見つけるためにここにやって来たのです
この屋根裏部屋に

彼女は友達から聞いたのです
友達は今夜のことは全て真実ではないと思っているのです
だってクリスマスイブに起こる全ての事を
大人は誰も本当は信じていないのだから

魔法をかけたようなこの夜
いつもと同じ世界なのかしら ただピカピカに飾られただけの
少女はその夜 ベッドに横になって
友達が言ったことは正しいのか考えていました

この疑問は
いったい誰に聞いたらいいのでしょうか
だって大人たちは 皆が言うように
この陰謀の加担者なのだから

ぼんやりとした考えが
彼女の心の中ではっきりとしてきました

ある人の存在だけが
彼女の信じてきたことを確認できるのです

しかしこの人の姿を見た人はほとんどいません
それは彼が子供たちが眠っているときにやってくるからです
もし彼女の信じていることが本当のことだったら
彼はまさに今晩現れるはずです
そこで たくさんのことにかかわるこの問題のために
少女は今夜は寝ないで待つことに決めたのです

でも 問題が起きました
運命とはいじわるなものです
ブロックが落ちそうなので心配したお父さんが
煙突をふさいでしまったのでした

そこで少女は彼が屋根に降り立つ音を聞くための
他の方法を考えました
今夜 幽霊が姿を消したこの場所で
少女は座って待っているのです

皆様ご存知のように
待っているときは時がゆっくりと流れるものです
彼女は何をして過ごそうか考えました
(選択肢は限られているようですが)

天使がその子に仕向けました
積み上げられた黄色く変色した本の後ろ
ガラクタと化した思い出の中に
少女は使い古されたトランクを見つけました

中にはおもちゃやリースがいっぱい
そしてそれらの下には手紙
飾り物 古い電話
レコードに蓄音機などが

忘れられた言葉の数々
もう聞くことのないメロディー
すべては長い間忘れられた命の糸
しかし ここにそれらは生きているのです

少女は手紙の束に目をやりました
彼女の手の中でそれらは息を吹き返します
一つ一つ開いてみると
小さな過去が姿を現しました

クリスマスは一生の魔法を織り込み
そのほとんどが記憶に残ります
そして少女が過去のことについて調べはじめると
再び魔法がかけられたのです

少女は手紙を読み始めました
クリスマスイブの夜
ごらんのように 天使の計画は 
すでにうまく進んでいるのです
幽霊が静かによみがえります
一曲目で手短にお話しましょう







********************************

Somewhere in the universe

Between this night and God

An angel sat upon a star

While thinking very hard

To return once more to the earth
He had been assigned
And a single gift for all of man
He was to leave behind

But this gift that he was to leave
Could not be taken from the heavenly court
And how could he leave something behind
If nothing could be brought

Now this was quite a puzzle
And he knew not how to start
When he suddenly felt a prayer from a child
Reach deep into his heart

And though his time was limited
To this one night of the year
He could not ignore this child's request
So he decided he would start here

For though this night was Christmas Eve
And dreams were all about
Somewhere down below on earth
He had felt this child begin to doubt

A child who should have been asleep
Instead was climbing attic stairs
With her solitary candle
And a single Christmas prayer

Now, when angels they are called
They rarely just appear
But more often than not
They gently whisper in one's ear

And when they whisper to a child
On nights when snow still glistens
The chances are much stronger still
That, that child, will listen

So in this room where shadows live
And ghosts that failed learn time forgives
Welcome friends, please stay awhile
Our story starts with one small child
Who spends this night in an attic dark
Where dreams are stored like sleeping hearts

Now, if you wonder why this child is here
With all asleep and Christmas near
She's come up here to look for truth
In this place closest to the roof

For she had heard from friends who feel
That nothing on this night is real
That no adults truly believe
In all these things of Christmas Eve

This night that seems to cast a spell
Is the same world, just tinseled well
And as she lay in bed that night
She wondered if they might be right

And she wondered then who she might ask
About this question that had been cast
For adults, she had been told, you see
Are part of this conspiracy

But in her mind becoming clear
The shadow of a child's idea

There was one whose presence alone
Would reconfirm what she had known

But this man, he was so rarely seen
For he only arrived when children dreamed
But if what she had believed was right
He should appear this very night
So on this night with so much at stake
She's determined that she would stay awake

But then a problem came to mind
It seems that fate had not been kind
For their chimney had been closed that year
Some bricks might fall, her father feared

So she had devised another plan
To hear when on the roof he lands
So with the ghosts left here by fate
Upon this night she sits and waits

Now as I'm sure you all must know
When one is waiting, time moves slow
And as she wondered what to do
(her options seeming far too few)

The Angel caused that child to look
Behind a yellowed pile of books
Among these memories disguised as junk
She noticed there a well worn trunk

It was filled with toys and one old wreath
And several letters underneath
Some ornaments, a hand rung phone
And records with a gramophone

A mix of long forgotten words
With melodies no longer heard
All threads of long forgotten lives
But here somehow they had survived

These letters that had caught her eye
Now in her hands they seemed alive
And as each letter she unsealed
A small piece of the past was revealed

For Christmas weaves a life long spell
And most of all remembers well
And as that child explored the past
Once again that spell was cast

And as the child began to read
Upon this night of Christmas Eve
The Angel's plan, as you can tell
It was already working well
So as the ghosts gently arise
In our first song we'll summarize

スポンサーサイト

12/05|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。