上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
去年のクリスマスイブを思い出してごらん
僕たちは初めて飾ったツリーのそばに座っていたね
クリスマスオーナメントがキャンドルの光に
輝いていた夜

僕は君にオルゴールを贈った
当時の二人にとってそれはとても意味のあることだった
僕たちはメロディを奏でるオルゴールを
何度も何度も見ていた

今となってはこれらは遠い昔のこと
再び願いをかけることもない

それでもオルゴールは回り続け
窓に映るキャンドルは燃え続ける
でも僕はそれらが思い出に過ぎないと分かっている
過ぎ去ったクリスマスや君と僕のように

古い暖炉を覚えているかい
部屋をぬくもりで包んでくれた
僕たちがクリスマスの亡霊に注意を向けると
暖炉の火は影を近くに引き寄せる

しかし今ではあのクリスマスのシーンも
溶けてしまった夢のキャンドル
壊れてしまったガラスの飾り物
全ては過去のもの

いまやこれらは遠い昔のこと
再び願いをかけられることもない

それでもオルゴールは回り続け
窓に映るキャンドルは燃え続ける
僕はそれらが思い出に過ぎないと分かっている
過ぎ去ったクリスマスや君と僕のように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その手紙の裏には
色あせた写真があった
あの記事に載っていた男の人の
昔の写真が

彼の隣には
沈みかけた夏の夕日に照らされて
かつてこの家に住んでいた女性が写っている
写真の中ではとても若い姿で

彼女はもっと小さな家に移った
それはちょうど隣の家
そのとき少女は気がついた
女性は昔を懐かしく思っているのだと

この手紙には切手が貼られていない
ということは投函されたものではないのだ
床に座って
少女はどうしてだか考えた

そのとき天使が少女にささやいた
一番大切なことは
人の痛みを思いやる心を現実とするには
行動に移すこと

そして少女は少女なりの考えを
思いつきました
しかしすぐに行動に移らなくてはなりません
時はどんどん過ぎてしまうからです

そこで少女はその記事を持って台所へゆき
電話を取って
番号案内に電話をかけ
男の人の電話番号を調べました

彼が受話器を取ると
少女は急いで話しました
今夜誰が彼を待っているのかを
そしてすぐに受話器を置きました

ホールを見回して
誰も家の人が起きてこないのを確かめると
少女は隣の家の電話番号を探して
同じように電話をかけました

******************************

Remember last Christmas Eve
When we sat next to our first tree
Ornaments reflected light
Of a candle in the night

And I gave you a music box
Back then that seemed like so much
We watched it go round and round
As the melodies unwound

But all these things are now long gone
And not to be wished upon again

But the musical box continues to turn
The candle in the window continues to burn
But I know they're just memories
Like Christmas past and you and me

Remember that old fireplace
That held the room in warm embrace
And as we watched for Christmas ghosts
The fire held the shadows close

But now upon that Christmas scene
The candle wax of melted dreams
And ornaments of shattered glass
Now belonging to the past

But all these things are now long gone
And not to be wished upon again

But the musical box continues to turn
The candle in the window continues to burn
But I know they're just memories
Like Christmas past and you and me

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Behind that single letter
Was a weathered photograph
Of that man in the article
But from somewhere in his past

And standing there beside him
In a setting summer sun
Was the lady who used to own this house
Only here she was quite young

She had moved to a smaller place
That was only right next door
And then the child noticed something else
That she had missed before

This letter had no stamp it seemed
And was surely never sent
And as she sat upon the floor
That child she wondered what it meant

Then the Angel whispered to her
A most important fact
That for compassion to be real
It requires one to act

Then once again that child came up
With a child's idea
But she knew she must act fast
For time, it was growing dear

So taking that article back downstairs
She found the kitchen phone
And called up information
To find the number of his home

And when he picked up the receiver
She quickly told him quite enough
To know who was waiting on this night for him
And then the child, she just hung up

Then to make sure that no one was awake
She took a quick look down the hall
Then she found her neighbor's number
And repeated that same call




スポンサーサイト

12/20|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。