当の昔に忘れ去られた
路線の駅
終着駅はないけれど
それでもいつも定刻に電車は出発する

彼は出発の準備を整えている
電車の切符を買う
その電車に乗り遅れたくない
今宵 クリスマスイヴに

彼は何も期待せずに夜の闇を見つめていた
世の中が音も立てずに過ぎ去ってゆくのを見ていた
町の明かりが近づき そして 消え去ってゆくのを見ていた
一晩中
一晩中
雪が降ってきた

会話もなく
空からは雪が落ちてくる
彼の慰めは
世の中が雪に覆い隠されていること

何も期待せずに夜の闇を見つめていた
世の中が音も立てずに過ぎ去ってゆくのを見ていた
町の明かりが近づき そして 消え去ってゆくのを見ていた
一晩中
一晩中
雪が降ってきた

彼は夜の闇を見つめていた 何も期待せずに
それでも心の中では信じたかった
誰かがそこで待っていると
このクリスマスイヴの夜に

電車が駅に近づくと
ホームが見えてきた
雪が降る中
電車はホーム滑り込み
彼はステップを降りた

今宵 救いの夜
そこでは失われていた夢が
見つけられる
彼らは共に歩き去った
あのクリスマスイヴ
一晩中
一晩中
雪が降ってきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一年の最後の季節
私たちが信じるこの季節
誰を待つのかを知るのが大切なだけでなく
誰が待っているのかを知るのも大切なこと

彼らは一緒に家に向かって歩いていた
クリスマスツリーが輝く家に
彼らにはどうしてこんな夜がやってきたのか
不思議でならなかった

屋根裏部屋に戻り
少女は二人が雪の中歩いているのを見ていた
あの二人には絶対に分からないだろうなと思い
子供らしい喜びにあふれて微笑んだ

輝く星空のもと
不意に少女は気がつきました
時にはクリスマスが直接手がけることもあるけれど
ある時は私たちの力を利用することもあるのだと

****************************

A railway station
On a long forgotten line
No destination
But it always leaves on time

He buys his ticket
As the train prepares to leave
Don't want to miss it
On this night Christmas Eve

He stared into the night no expectations
He watched the world go by without a sound
He saw the city lights arrive and fade away
While all that night
All that night
The snow came down

No conversation
As the snow fell from the sky
His consolation
That the world is well disguised

He stared into the night no expectations
He watched the world go by without a sound
He saw the city lights arrive and fade away
While all that night
All that night
The snow came down

He stared into the night, no expectations
But in his heart he wanted to believe
That somehow someone would be waiting there
Upon this Christmas Eve

And when his train it pulled into that station
He saw there was a single pair of tracks
Within the snow and leading to that station door
And he followed those steps back

And on this night of our salvation
Where dreams that have been lost
Can there be found
They walked away together
On that Christmas Eve
While all that night
All that night
The snow came down

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
In this last season of the year
This season that we trust
It's not only important to know for whom we wait
But to know who waits for us

And as they walked home together
To the light of Christmas trees
They could not help but wonder
About how this night came to be

While back inside the attic
The girl saw them walking through the snow
And she smiled with a child's delight
Thinking how they would never know

And suddenly she realized
Beneath this night of stars
Sometimes Christmas uses its own hands
And sometimes it uses ours





スポンサーサイト

12/22|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム