上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
夜は
闇に包まれ
暗闇の中に
夢がある
夢の中に
その子はいる
そして私は
人知れずそこにいる

本の中に言葉があり
言葉の中に真実がある
真実の中に時代がある
時代の中に若さがある

私はその子に言った
まだ手には血が流れているかと
この時代でも
まだ必要なのかと
しかしその子は笑っているだけだった

そして一言も話さなかった
雪が振ってきた
まるで何も聞かなかったかのように

一晩中雪が降り続く
生きてゆくうちについた傷を癒すために
そして壊れた夢を癒すために

夜に掛かった夢の架け橋を
私たちは人知れず渡ってゆく
一言も話さずに

その夜ずっと
私たちは歩いた
一歩がブロックに
ブロックがマイルになる

道をたどり
出来るだけ遠くへ
常緑の森に
たどり着くまで

すべての木には
何千ものキャンドルが
それは美しい
でもひとつ不思議なことが
たくさんのキャンドルの中で
お分かりでしょう
ひとつだけ明かりがともされているキャンドル
それがあの子の手に

そのクリスマスの光景にかさなる
溶けた夢で出来たキャンドル
そして彼らが過ごしてきた年月

雪が静かに舞い降りて
彼は一つ一つキャンドルに火をともした
それぞれの夢が呼び起こされるまで

光の中に
その子は見せてくれた
彼が夢見たことや
叶うであろうことを
全てを与えて
何かが得られたことを
暗闇の中でマッチをすり
世の中全てが同じでないことを

そして私はその子にたずねた
何でこの夜に星がひとつあるのかと
するとその子は答えた
「そうすれば遠くまで見れるから」
そしてキャンドルが
あの遠くの星の光と一緒になって
長い冬の夜を照らすと
長い冬の夜を
長い冬の夜を
長い冬の夜を

が目覚めたとき その子はいなかった
でも心のどこかに
彼は生き続けていると信じている
そして私の生涯のどこかで
今から命が終わるときまでのどこかで
長い冬の夜に
再び彼のことを夢見るだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから少女は赤紫のしみがついた
クリスマスカードに気がつきました
誰かがクリスマスのワインをこぼしたのでしょう
それが残っていたのです

暖房器の熱が
空気に満ちて
天使の分として
凝縮させたのでしょう

**************************

In the night
Was the dark
In the dark
Was the dream
In the dream
Was the Child
And myself
There unseen

In the book was the word
In the word there was truth
In the truth there was age
In the age there was youth

And I said to the Child
Do your hands they still bleed
After all of this time
Do you think there's still need
But the Child only smiled

And said not a word
And the snow it came down
As if it hadn't heard

And all that night the snow came down
To heal the scars our lives had found
And the dreams that lay broken

And there upon a bridge of dreams
Across the night we walked unseen
With no words ever spoken

And then on through that night
We did walk for a while
And our steps turned to blocks
And the blocks turned to miles

Then we followed a path
For as far as we could
Till we found ourselves there
In an evergreen woods

There were thousands of candles
Upon every tree
It was beautiful
But there was one mystery
For with all of those candles
You must understand
That the only one lit
Was now in that Child's hand

And there upon that Christmas scene
The candle wax of melted dreams
And the years they had taken

And as the snow did gently fall
He one by one relit them all
Till each dream was awakened

And there to that light
That young Child showed to me
All the things that he dreamt
All the things that might be
How for everything given
That something was gained
Strike one match in the dark
And all the world's not the same

And then I asked that Child
Why this night has a star
And he said, "So we'd know
That we could see that far"
And these candles are wed
To that distant star's light
And it all came to be
Upon that long winter's night
That long winter's night
That long winter's night
That long winter's night

And when I awoke, well the Child he was gone
But somewhere in my mind
I believe he lives on
And somewhere in my life
Between here and the end
On a long winter's night
I will dream him again

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Then she noticed on some Christmas cards
A reddish purple stain
Where someone had spilled some Christmas wine
And there it had remained

Until the heat from a radiator
Whistling in the air
Had caused it to evaporate
Into an angel's share



スポンサーサイト

12/24|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。