上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
クリスマスイヴの夜も更けて
時の流れを見つめながら
静かに空中に漂う
天使の分け前の影

クリスマスの夜に輝く
クリスマスの明かり
世界中に平和を願って
そして雪を残した
ときわ木の枝が輝く
安定した状況を願って

天使は
この粗末な場所に
救いの望みを与えた
クリスマスカードや
雪の積もった庭
そして子供たちは不思議に思う

喜びなさい
皆 目ざめよ
喜びなさい
早く 急いで
喜びなさい
新しく生まれた王様のために

喜びなさい
彼が示した
喜びなさい
理想に
聖歌隊の歌を聴きなさい

スクルージ(守銭奴)が戻ってきて
クリスマスの亡霊たちが
彼の魂を取り戻そうと企てていることを知る
でもまだ彼は
ためらっている

信じていた
だまされてはいないと
この夜が彼に
今でも
決して遅くないと
思い起こさせるまで

喜びなさい
皆 目ざめよ
喜びなさい
早く 急いで
喜びなさい
新しく生まれた王様のために

喜びなさい
彼が示した
喜びなさい
理想に
聖歌隊の歌を聴きなさい
そして 歌いなさい
歌いなさい
歌いなさい
歌い続けなさい

冬の夢           
無限の組み合わせの中に繰り広げられる
終わりのない光景           
受け入れるために
信仰の世界を
私たちが今目にするこの世界を

毎年
ここに戻ってくる
さまざまな姿で
そして日がたつと
消えてしまう
そして私たちは再び見つけ出す

再び約束は守られて
天使は一人ひとり眠りにつく
そこで私たちは今宵を平和に保ち
世界中を静かな眠りにつかせておこう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少女は積み重なった
最後の手紙を読み終えて
それぞれを封筒に収めると
丁寧に元に戻しました

そして手紙から分かったことについて
彼女は慎重に考えました
この夜について信じていた思いが
完全に戻ったのです

もし手紙の大人たちが
今夜の出来事を信じたとしたら
彼らが全て騙されたということは
ありえないから

彼女が驚いたことに
手紙はそれぞれ違う人が書いたものだけど
結局彼らの願いは皆
同じように思えること

遠くのクリスマス星から
私たちに届く光は
完全ではないにしても たぶん私たちを
今ある私たちよりよい人間にしてくれるでしょう

そしてふと少女は
そこに贈り物があるのに気がつきました
彼女が階下に行っている間に
彼がやってきたのに違いありません

あの煙突のことは
結局心配する必要はなかったのです
今夜彼女は分かったのです
クリスマスには壁など問題ではなかったのです

距離にも
時間にも遮られることなく
そしてもし人が1000年生きたとしても
そこには同じようにクリスマスがあるでしょう

人は言うでしょう
贈り物はお父さんかお母さんが置いたものだと
でも私としては
それは誰か別の人の仕業と気づいているのです

少女が消えかかったろうそくを持って
階下に降りる前に
その夜起きたことを全て
紙に書き留めました

いつの日かどこかのある夜に
いつとははっきり言えないのですが
誰かがあの手紙を読めば
この夜の出来事は再びよみがえるのです

そろそろこのお話は終わりです
子供は眠りにつきました
この不思議な夜のことを夢見て
そしてその出来事が少女に教えたことを夢見て

少女が学んだことをどう思ったか
彼女の考えを聞いた天使は
彼の仕事は終わったと気がつきました
もう戻る時間です

彼がもたらしたものを全て思い出しながら
彼は時間内に戻り
神様の前に進み出て
何を残してきたか報告しました
雪に清められたクリスマスイブの日に
再会した二つの心と
ベッドで安らかに眠る
信じる心を持った子供のことを

神様は天上の玉座から
もう一度微笑まれると
天使を懐に抱いて囁きました
おかえりと

皆様が生涯にわたって
この言葉を耳にしますように
そして特にクリスマスにはいつも
聞きますように

メリークリスマス!

**************************

Deep inside this Christmas Eve
Watching as the hours leave
Gently drifting in the air
Shadows of an angel's share

Christmas lights
On Christmas nights
With peace for every nation
Stable scenes
And evergreens
With snow still glistening

Angels grace
This humble place
With hopes of our salvation
Christmas cards
And snow filled yards
And children wondering

Rejoice
All awaken
Rejoice
Quickly hasten
Rejoice
For the newborn king

Rejoice
For the vision
Rejoice
He has given
Hear the choirs as they sing

Scrooge returns
To once more learn
That Christmas ghosts conspire
To redeem
His soul it seems
But still he hesitates

To believe
He's not deceived
Until this night inspires
Him to find
That at this time
It never is too late

Rejoice
All awaken
Rejoice
Quickly hasten
Rejoice
For the newborn king

Rejoice
For the vision
Rejoice
He has given
Hear the choirs as they sing
And sing
And sing
And sing and sing and sing

Winter dreams
Her endless scenes
In endless combinations
To embrace
This world of faith
This world that we now see

Every year
It returns here
With all its variations
And as the day
It fades away
And we once more find that...

Once again the promise kept
One by one the angels slept
So we leave this night in peace
And the world in gentle sleep

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

When she finished the last letter
From that little stack
She put each one in its envelope
And carefully put them back

Then she sat and thought quite carefully
About all she had learned
Realizing that her belief in this night
Had completely returned

For if all these grownups she had read
Had in this night believed
It could not be possible
That they all had been deceived

And she marveled how though every letter
Was signed with a different name
That in the end it seemed that all
Their wishes were the same

That the light that reached our lives
From that distant Christmas star
Would make us, if not perfect
Then perhaps better than who we are

And suddenly she noticed
That there was a present there
He must have come and left it
When she had gone down the stairs

Then she realized as for that chimney
She needn't have worried after all
For Christmas she had found this night
Could not be stopped by walls

Could not be stopped by distance
Could not be stopped by time
And if one lived a thousand years
It would still be there to find

Now some will say that all these gifts
Were left by her father or her mother
But I for one, will always suspect
It could have been another

And before she went back down the stairs
With her fading candlelight
She found some paper and wrote down
All that had occurred that night

And sometime on some distant night
We really can't say when
Someone will read that letter
And this night will live again

And so our story's over
And the child returned to bed
To dream about this magic night
And where it all had led

And the Angel who had heard her thoughts
About what she had learned
Now realized that his job was done
And it was time he should return

And taking back all he had brought
He returned just in time
To appear before his Lord
And tell him what he had left behind
There were two souls reunited
On a snow blessed Christmas Eve
And sleeping safely in her bed
Was the child who still believed

And once again the Lord smiled down
From his heavenly throne
And took the Angel into his heart
And whispered, welcome home

And may you also hear those words
All through your life
But may you hear them most of all
On every Christmas night

Merry Christmas!




スポンサーサイト

12/25|Trans Siberian Orchestra - Christmas Atticコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。