「シャングリラ」とはジェームズ・ヒルトンの小説『失われた地平線』に出てくる理想郷
特に1930年代から1940年代にかけて、「天国」や「楽園」をあらわす俗語として使われていた

1946年にCarl Sigman、Matty Malneck、Robert Maxwellによって作られこの曲は
愛する喜びを歌っている

***************************

君のキスは僕をシャングリラに連れて行ってくれる
君とのキスは
僕の狭い世界をシャングリラにしてくれる魔法

青い鳥が飛び泉がわく世界
君によく似た天使にぴったりと寄り添って
他に何もすることがない

君が僕を抱きしめてくれると
なんて優しいんだろう
僕のものになってくれ
そしてシャングリラで一緒に暮らそう
君のいるところだったらどこでもシャングリラなんだ

なんて優しいんだろう
そしてシャングリラで一緒に暮らそう
君のいるところだったらどこでもシャングリラなんだ

******************************

Your kisses take me to Shangri-la
Each kiss is magic
That makes my little world a Shangri-la

A land of bluebirds and fountains
And nothing to do
But cling to an angel that looks like you

And when you hold me
How warm you are
Be mine my darling
And spend your life with me in Shangri-la
For anywhere you are is Shangri-la

How warm you are
And spend your life with me in Shangri-la
For anywhere you are is Shangri-la



The Lettermen




The Four Coins


スポンサーサイト

03/31|P Q R Sコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム