カスケードというグループの名前は知らなくても
ほとんどの人はこの曲は聴いたことがあるだろう
もっとも1962年リリースなので耳にしたことのない年代も多いはず

個人的に妙に印象に残っているのは
この曲が日本で流行った時 母が大病で入院 
もしかしたら生きて家に戻れないかもしれない
などということがあったからかもしれない
けなげに家事をこなし学校へ通った中学時代
意味も分からず丸暗記して歌っていた

そんな思い出を抜きにしてもよい曲だと思う
アメリカでNo.3、イギリスでNo.5、アイルランドではNo.1
その後多くのアーティストによってカバーされた

*****************************

雨の音を聞いている
お前はなんて馬鹿だったんだと語りかけてくるようだ
もう止んでくれ そして 無駄だと分っているけれど泣かせてほしい
また 一人にしてほしい

たった一人の愛するひとが行ってしまった
新しい人生を求めて
だけど 彼女は気がついていないんだ
彼女は僕の心も持って行ってしまったことを

雨よお願いだ こんなのはフェアーじゃないと言ってくれ
彼女は自分で気がつかないうちに僕の心を盗んでしまったんだ
僕の心がどこか遠くに行ってしまっては 他の誰かを愛すこともできない

たった一人の愛するひとが行ってしまった
新しい人生を求めて
だけど 彼女は気がついていないんだ
彼女は僕の心も持って行ってしまったことを

雨よ 彼女に愛していると伝えてくれないか
太陽が彼女の心を燃え上がらせるように
彼女の心にふりそそいで僕達の愛が育つようにしてくれないか

雨の音を聞いている
お前はなんて馬鹿だったんだと語りかけてくるようだ
もう止んでくれ そして 無駄だと分っているけれど泣かせてほしい
また 一人にしてほしい

雨の音を聞いている
ぱらぱらと降る雨の音を


********************************


Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that if you go and let me cry in vain
And let me be alone again

The only girl I care about has gone away
Looking for a brand-new start
But little does she know that when she left that day
Along with her she took my heart

Rain please tell me not as that seem fair
For her to steal my heart away when she don't care
I can't love another when my heart's somewhere far away

The only girl I care about has gone away
Looking for a brand-new start
But little does she know that when she left that day
Along with her she took my heart

Rain won't you tell her that I love her so
Please as the sun has set her heart aglow
Rain in her heart and let the love we knew start to grow

Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that if you go and let me and cry in vain
And let me be alone again

Oh, listen to the falling rain
Pitter Patter Pitter Patter ohhhh


信じられない!40年以上たってまだこの声・・・The Cascades here we go!
スポンサーサイト

06/01|T U Vコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

pjol

Author:pjol

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Welcome
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム